5月入籍の名古屋G・シャビエル、京都の観光スポットで愛妻と撮影した2ショット公開

 J1名古屋グランパスで10番を背負うブラジル人MFガブリエル・シャビエルが公式インスタグラムを更新し、京都の人気観光スポットで愛妻と撮影した神社2ショットを公開した。感謝の念を込めたメッセージを綴ったなか、ファンから「なんてカップルだ!」「2人を見ているとこちらも幸せになる」などの声が上がっている。

 現在26歳のG・シャビエルは2017年夏に母国ヴィトーリアから名古屋に加入すると、J2リーグ戦16試合7ゴールをマークして昇格に大きく貢献。その活躍が認められ2年目から10番を背負い、18年は29試合6ゴール、19年は32試合3ゴールの結果を残している。

 今季で在籍4年目を迎えているG・シャビエルは5月27日にクラブ公式サイトを通じて、入籍と妻の妊娠を同時発表。「名古屋に来てから3年が経ちますが、その間に何人かのチームメイトが結婚しました。そして今回は私が結婚することとなりました。妻と共に家庭を築けることに幸せを感じています。また、私の妻のお腹に新しい命が宿りました。家族が増えるということを知って本当に嬉しいです。間違いなく人生の最高の瞬間の1つです」と喜びを爆発させていた。

 そんなブラジル人MFが12日にインスタグラムを更新。観光スポットとしても人気を博す京都の伏見稲荷大社を訪れた様子を公開した。「世界で一番のガールフレンドであり、妻であり、友人であり、パートナーに感謝しています」と思いを込めつつ、美しい朱色で染め上げられた鳥居の前で愛妻との2ショットを撮影している。

 この投稿を受けて海外のファンから「美しい」「なんてカップルだ!」「2人を見ていると、こちらも幸せになる」「神が2人を祝福する」などのコメントが並び、温かいムードに包まれた。

 J2とJ3リーグが6月27日から再スタートを切る一方、7月4日から再開するJ1リーグで名古屋は清水エスパルスと対戦する。充実の日々を送るG・シャビエルが、ピッチ上からも美しいプレーを届けてくれるはずだ。

Football ZONE web編集部