前回の胸トラップ&ベルベットタッチに続き、完璧すぎるヒールトラップをSNSに投稿

 横浜FCの元日本代表MF松井大輔が、自身の公式インスタグラムを更新。ブラジル代表の10番ネイマールが得意とするヒールトラップを難なく成功させ、現役選手やOBから「さすがやん」「ハンパねーです」と称賛の声が上がっている。

 鹿児島実業高出身の松井は2000年に京都パープルサンガ(現・京都サンガF.C.)へ入団。04年にフランスへ渡り、ル・マンなど複数クラブを経てロシアやブルガリア、ポーランドなどを渡り歩いた。14年にジュビロ磐田へ加入し、ポーランド2部オードラ・オポーレへの移籍後、18年に横浜FCへ完全移籍した。

 昨季は24試合2得点でJ1昇格に貢献。2月23日のヴィッセル神戸との今季開幕戦(1-1)は出場なしに終わったが、緊急事態宣言の解除を受けて6月3日からチーム活動が再開されたなか、7月4日に予定されているリーグ再開初戦に向けて調整は順調なようだ。

 松井は12日、インスタグラムに「soccer楽しいなぁ」と綴り、約30メートル離れた位置から飛んできたロングフィードを胸トラップで綺麗に足元に落とし、そのまま足に吸い付くようなリフティングを披露。同じ場所から飛んできたボールを横に流れながら右足アウトサイドで受け止め、反転して後ろを見ないままジャンピングキックでリターンし、最後はFC琉球の元日本代表MF小野伸二を彷彿させる絶妙なベルベットタッチを華麗に決めていた。

 さらに、松井は「今日はコレ」と前回とは異なるテクニックを披露している。飛んできたボールに合わせ、軸足の後ろを通して右足ヒールでトラップ。落ちてくるボールを右太ももで受け止めると、通常リフティング、太ももトラップを挟んで的確に蹴り返した。

「#まだまだ未熟だなあ」

 ハッシュタグではこう謙遜した松井だが、ブラジルの至宝ネイマールが得意とするヒールトラップを難なく成功。ワールドカップ2度の出場を誇る元日本代表MF福西崇史氏が「さすがやん」と称賛すれば、レノファ山口MF武岡優斗は「ハンパねーです」と脱帽し、ファンからも「オシャレなプレイだな〜」「いつ見ても神」「アプリ使用でさらに凄さが際立つ」と前回の投稿に負けない反響を呼んでいた。

Football ZONE web編集部