パトリックが公式ツイッターで愛息フェリペくんの試合を訪れたことを公開

 ガンバ大阪のブラジル人FWパトリックが公式ツイッターを更新した。G大阪の下部組織に所属する愛息フェリペくんの試合を初めて見に行ったようで、「3ゴールしました」とハットトリックを報告。父親譲りの体格の良さと破壊力で将来有望なストライカーとしてファンからも期待を寄せられている。

 パトリックは2013年に母国ブラジルのアトレチコ・ゴイアニエンセから川崎フロンターレ期限付き移籍し、初来日。ヴァンフォーレ甲府を経て、ブラジルへ1度戻り、2014年夏にG大阪へ加入した。パトリックが加入後、降格圏の16位に低迷していたチームは、第15節ヴァンフォーレ甲府戦(2-0)から15勝3分2敗と“奇跡”のV字回復を見せ、勝ち点48を積み上げた。20試合で9点をマークし、FW宇佐美貴史との名コンビで国内三冠へと導いた。

 16年10月には、右前十字靭帯損傷及び右外側半月板損傷により全治8カ月の大怪我を負い、母国で手術を受けた。クラブは功労者に対して、同年限りだった期限付き移籍の契約期間を17年夏までに延長。17年6月に退団し、広島へ渡った。18年には33試合20得点で得点ランク2位と活躍し、昨夏再び古巣のG大阪へ戻ってきた。

 長年Jリーグで活躍しているパトリックだが、「日本が大好き」と公言。16年1月には母国メディアに「日本国籍取得を検討している」と明かし、日本代表入りを目指し始めた。国籍取得には小学校2、3年生程度の日本語の読み書き能力が必要で、現在も語学習得のため努力を重ねている。現在は7月4日に行われるJ1再開戦、セレッソ大阪との”ダービー”に向けて調整中だ。そんななか、公式ツイッターを更新した。

「今日はフェリペの初めての試合を見に行って3ゴールしました。彼はこの暑さもありとても疲れていました。でも疲れていても、最後まで諦めなかったです。そんな彼をとても誇りに思います。今年は全力で戦いたいと思います。僕の仲間達も力を貸してください。タイトルを取るために!」

 日本語でそう綴り、G大阪の下部組織に所属する愛息フェリペくんの試合を見に行ったことを報告。動画では、父親譲りの体格の良さ、破壊力を持ったストライカーのフェリペくんが、1人でドリブル突破から右足でゴールしたり、GKをかわして左足でゴールするなど大活躍する様子がおさめられている。

 ファンからは「上手すぎる! お父さんのDNAしっかり引き継いでるね!」「最高のパパ」「是非ガンバで日本代表も」「将来のガンバのエースですね!」と期待を寄せるコメントが並んだ。J1も間もなく再開を迎えるが、パパ・パトリックのゴールにもファンは心待ちにしているはずだ。

Football ZONE web編集部