“悔しさ”の2019年を経て勝負の新シーズンへ「今年こそは、という思いが強いです」

 なでしこリーグ(日本女子サッカーリーグ)1部のINAC神戸レオネッサはゲルト・エンゲルス新監督の下、攻守両面でアグレッシブなサッカーを目指す。2013年以来となる王座奪還を誓うなか、牽引役の1人として期待されるのが在籍9年目のMF仲田歩夢だ。

 2018年、リーグ戦全18試合に出場して自己最多の5ゴールと充実のシーズンを送った仲田だったが、2019年は怪我の影響もあって後半戦はベンチスタートに回り、3年ぶりのノーゴールに終わった。それだけに、本人の新シーズンに懸ける思いは例年以上に強い。

「2018年シーズンは自分の中でも一番手応えを感じた1年だったので、去年は思うように試合に関われず、悔しさともどかしさを抱えていました。焦らないようにはしていますが、今年こそは、という思いが強いです」

 昨季INACはリーグ総得点28、1試合平均1.56点にとどまり、優勝した日テレ・東京ヴェルディベレーザ(総得点59点、1試合平均3.28点)に大きな差をつけられた。女王の壁を超えるうえで得点力不足の解消は必須条件。4年連続得点王のFW田中美南(←ベレーザ)と中盤のマルチプレーヤーであるMF阪口萌乃(←アルビレックス新潟レディース)も加わったなかで、仲田はチームの変化を感じているという。

「田中美南選手は対戦していて一番嫌なタイプのプレーヤー。最初に移籍を聞いた時はびっくりしました。でも、間違いなく戦力になるし、ポジションは違いますけど競争が激しくなる予想もできたので、ワクワク感がすごくありました。(阪口)萌乃さんも以前から話をする間柄だったので、コミュニケーションは自然と取れています。監督からは攻撃にも守備にも100%の力をかけられるようにと言われていて、攻守の切り替えがすごく大事になるので、そこは例年と違うかなという印象です」

 主戦場とするサイドは昨季加入のMF八坂芽依が台頭し、新戦力の阪口も対応可能とあって、ライバルは多い。仲田はどのようにストロングポイントをアピールしていくイメージを膨らませているのか。

「左利きで、左サイドからのドリブル突破、左サイドからの角度のないシュートが自分の特長なので、そういうシーンは練習から増やそうと意識しています。今年は得点にこだわりたいですね。これまではシュートよりパスを選んでしまったり、周囲から呼ばれてそこに(パスを)出してしまいがちでした。もちろん状況に応じた判断が必要ですけど、イメージしたプレーを貫くことが自分に足りていない部分の一つかなと。打つと決めたら足を振り切る、自分が突破できると思ったら相手を抜き切るプレーをするんだという気持ちを持てたら、対ベレーザの結果も変わってくると思っています」

「下手くそなりに気持ちを前面に出すプレーは意識しています」

 2009年に常盤木学園高から加入した仲田も、今年でINAC9年目を迎えた。これはMF髙瀬愛実とMF中島依美の12年目に次ぎ、FW京川舞と並んでチーム3位タイ。中堅からベテランの域に入りつつあるなかで、理想像は“プレーで仲間を鼓舞できる選手”だと語る。

「年齢的にはチームのなかでも上のほうになってきました。全体を見て自分が動いたり、声をかけたりは積極的にやっていきたいです。私はテクニックとか運動量ではなく、どちらかと言えばパワー系のスタイル。目立つようなタイプではないと思っていますが、スタメンなら自分のできることはすべて出し尽くす、途中出場であればチームに刺激を与えられる選手になりたい。他の選手が自分も頑張るぞという思いになってくれたらいいので、下手くそなりに気持ちを前面に出すプレーは意識しています」

 新型コロナウイルスの感染拡大で延期が続いていたリーグ開幕は7月18日に決定。最初の2節は「リモートマッチ」(無観客試合)、3節以降は状況を鑑みて観客を入れてのリーグ戦開催予定となっている。応援してくれるファン・サポーターのためにも、仲田はリーグタイトル獲得に強い思いを滲ませる。

「今年こそはリーグ優勝したいです。日頃から応援してくださるファン・サポーターの皆さんも私たち同様にパワーを溜め込んでくれていると思うので、お互いにそれをぶつけ合える場所がスタジアムだったらとてもいい雰囲気で試合ができると思います。今は交流する機会がないですけど、勝利をお届けして一緒に喜べるのを楽しみにしています。引き続き応援よろしくお願いします!」

 例年以上にリーダーシップ発揮に意欲を燃やす仲田が、勝負の2020年にさらなる進化を遂げられるか、INAC王座奪還の重要なファクターの一つになりそうだ。

※取材はビデオ会議アプリ「Zoom」を使用して実施。

Football ZONE web編集部