マジョルカは0-2で黒星も… 久保は「レアルに対して実力を証明した」

 マジョルカの日本代表MF久保建英は現地時間24日、リーガ・エスパニョーラ第31節のレアル・マドリード戦に先発フル出場したが、チームは0-2で敗れた。一方、久保が披露した“レアル守備陣3人抜き”の超絶スキルに現地メディアは「ラモスを置き去りにした“3人抜き”ドリブルで日本は歓喜を爆発させた」と取り上げている。

 昨夏にレアルへと完全移籍した久保は今季マジョルカへと期限付き移籍。序盤はベンチスタートが多かったものの、現在は右サイドハーフで主力の座を掴んでおり、今季ここまでリーグ戦3ゴールを記録している。チームの攻撃をけん引する立場で保有元との直接対決を迎えた。

 7試合連続となる先発を飾ったが、前半19分に相手FWヴィニシウス・ジュニオールに先制点を許してしまう。前半21分に久保が自ら獲得したFKでゴールを脅かすも、後半11分には相手DFセルヒオ・ラモスに完璧な軌道の直接FK弾を叩き込まれ、0-2の黒星を喫した。

 マジョルカは再開後の4試合で1分3敗と苦境から抜け出せずにいるが、現地メディアは後半17分に久保が披露した圧巻のスキルに注目。鋭いターンでMFトニ・クロースを振り切ると、巧みなダブルタッチでラモスを抜き、DFフェルランド・メンディもかわして右足でシュートを放つ“3人抜き”を披露した。

 スペイン紙「AS」は「久保がラモスを置き去りにした壮観な“3人抜き”ドリブル」と見出しを打ち、「この日本人はマジョルカで最も錯乱させた存在であり、レアルに対して実力を証明した」と、レアルの主将を翻弄したドリブル突破に称賛の言葉を送っている。

 またレアル専門メディア「The Real Champs」は、公式ツイッターで「ワオ! 久保建英からスペシャルなスキルだ! なんてドリブル突破なんだ!」と驚きを示していた。久保にとっては保有元のレアルに対する最大のアピールの場となる一戦だったが、圧巻の3人抜きドリブルによって確かなインパクトを与えることができたのかもしれない。

Football ZONE web編集部