ミラン監督就任が濃厚とされるラングニック氏、ライプツィヒやブレーメンの逸材に注目

 イタリア・セリエAの名門ACミランは、来季の指揮官としてラルフ・ラングニック氏の就任が濃厚とされるが、補強もラングニック人脈を駆使したものになりそうだ。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じている。

 ラングニック氏はブンデスリーガ1部のライプツィヒで名声を確かなものにし、現在はチームをユリアン・ナーゲルスマン監督に引き継いで、ライプツィヒのほかにオーストリアのザルツブルク、米メジャーリーグサッカー(MLS)のニューヨーク・レッドブルズ、ブラジルのブラガンティーノも含まれるレッドブルグループのスポーツ部門兼サッカー開発部門の責任者に就任していた。

 ミランがラングニック氏を招聘すると見られており、その人脈を駆使した補強を進める意向のようだ。ライプツィヒからU-21フランス代表DFダヨ・ウパメカノをリストアップし、ブレーメンのコソボ代表MFミロート・ラシツァにも白羽の矢が立っているという。

 そして、難しい交渉を仕掛けるとされるのが、ライプツィヒのチェコ代表FWパトリック・シックだ。シックはミランと同じセリエAのローマから期限付き移籍中の選手だが、ライプツィヒは買い取りオプションの条項を持つとされる。そのため、ライプツィヒがオプションを行使した後、ミランとの移籍交渉に臨む可能性があるようだ。

 ラングニック氏が就任するとなれば、ブンデスリーガから有望な若手をイタリアに連れてくる流れも想定される。若返りの方針を打ち出して復権を目指すミランだけに、かつての横綱相撲のスター軍団という姿からは離れていきそうな気配だ。

Football ZONE web編集部