【土田尚史SDインタビュー|第2回】就任1年目の今季、浦和の「悪いところ」の改善に着手

 2月の開幕戦を戦った後、約4カ月にわたって中断していたJ1リーグがいよいよ再開の時を迎える。新型コロナウイルスの影響により、無観客の“リモートマッチ”での開催となるが、サッカーのある日常が戻ってくることに心躍らせる人は多いはずだ。

 再開を前に、Football ZONE webも参加している「DAZN Jリーグ推進委員会」では、J1からJ3までの全56クラブの選手やスタッフを対象に「THIS IS MY CLUB – FOR RESTART WITH LOVE -」と題したインタビュー企画を実施。浦和レッズからは土田尚史スポーツダイレクター(SD)に登場してもらい、今回は「3年計画」を掲げた背景と、今後の強化ビジョンについて語ってもらった。

   ◇   ◇   ◇

 浦和レッズは昨年12月にトップチームの強化責任者として土田尚史スポーツダイレクター(SD)の就任を発表すると、「3年計画」が打ち出された。その1年目となった今季は開幕直後に新型コロナウイルスの感染拡大により公式戦が中断という異例の事態に。それでも「1年目はやり続けることを優先して結果をつけていきたい」と、ブレずに進んでいくことを宣言している。

 土田SDは1992年のクラブ創設から現役時代をGKとして過ごし、2000年の引退後は翌年からGKコーチに就任。19年にはホームタウン関連の部署へ異動したが、強化責任者として現場に近い場所へ戻ってきた。この就任には、2019シーズンのJ1リーグで最終節まで残留が確定しないという苦戦を強いられた直後だっただけに、“内部人事”という批判があったのも事実だ。それでも、「一番、浦和を見てきたから。良いところも、悪いところも。だから自分なりの答えが出せるし、正面から向き合ってやろうというところ」と、覚悟を持っての就任になった。

 そこで打ち出されたのが「3年計画」で、1年目の今季はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)への出場権獲得と得失点差をプラス2ケタにすること。3年目には常に安定して優勝争いをできるチームになり、リーグ制覇することを掲げた。

 土田SDが最初に取り組んだのは、その浦和の「悪いところ」をどう改善するかだった。

「まずは、一貫したものがないことが、改善しないといけないポイントだと。その時、その時の監督に丸投げで、選手も変わる。もちろん、期待を受けているクラブなので結果は必要ですよ。ただ、浦和のサッカーはこうなんだという中でやっていけば、みんなが納得できるチームになったんじゃないかと。まず監督ありきではなく、浦和レッズありきの監督選び。そういうあるべき姿にするのが、自分の役割だと思っています」

「ピッチと観客席で同時にスイッチが入るようなサッカーをしたい」

 03年にハンス・オフト監督の下で初めてタイトルを獲得した浦和は、翌年からギド・ブッフバルト監督が率いて3シーズン連続でタイトルを獲得。その黄金期には「速く、激しく、外連味なく」というワードがあり、堅守速攻型のイメージが色濃かった。

 一方で、12年から指揮したミハイロ・ペトロヴィッチ監督の下でもタイトルを獲得したが、方向性は全く異なり、敵陣に人数をかけたポゼッション志向のもの。その後に天皇杯を獲得したオズワルド・オリヴェイラ監督のチームは、再び堅守を武器にしたものだった。確かに、一貫したコンセプトのなさはタイトルという実績とは別にして、常に話題にされてきた。

 そうしたなかで土田SDは一貫したものを打ち出すべく、設定したコンセプトについて言葉をつないだ。

「浦和らしいサッカーってなんなのかと考えた時に、勝てばすべてOKではないと思っているんですね。あの埼玉スタジアムで、どういうサッカーで喜ばせられるのか。サッカーをよく理解している人が観に来る雰囲気の中で、どういうスタイルが良いのかという時に、イスから自然に『ガタッ』とオシリが浮くような。そうやってピッチと観客席で同時にスイッチが入るようなサッカーをしたい、やるべきだと思っているんです。ということは、スピード感や攻守の切り替えが必要。ボールを奪ったところから一気に数的優位を作って、最短でゴールに迫るプレー。そういうサッカーが、一番オシリが浮くと思うんですよ」

 一貫したコンセプトの策定という点で、ある意味ではどのサッカークラブにもあって然るべきものながら、これまでの浦和になかった部分に土田SDは踏み込んだ。では、次に重要なのはそれをどうやって実現するかだ。実際に、強化責任者に就任したタイミングは「選手の入れ替えに関してはスムーズにいかないタイミングでした」と話したもの。今季に向けた新加入選手は、移籍加入ではJ2アルビレックス新潟から獲得したFWレオナルド、大分トリニータへの期限付き移籍から復帰のMF伊藤涼太郎、2月にオーストラリアのメルボルン・ビクトリーから獲得したDFトーマス・デンの3選手のみ。青森山田高校から加入のMF武田英寿を合わせても、変革のシーズンを印象付けるものではなかった。そのうえ、昨季の成績から大槻毅監督の続投に疑問を呈す声も少なからずあった。

 それでも土田SDは「3年目からの逆算で見なければいけない。1年目の狙いはいかに浸透していくか。浦和を知っていて、ベースになる部分で大切な浦和の責任を理解している監督ということで、大槻が1年目の監督としては正しいと判断しました」と話す。

就任1年目は「狙いとしているサッカー」ができているかを優先

 そして、チームの強化段階をどう評価するかという点について、「もちろん結果は大切ですが、コンセプトが今どうできているかを見ないといけない。勝った、結果を残した、でも狙いとしているサッカーができていないではダメ。逆に狙いはいいけど結果は出ないとなれば、どちらを取るか。まず1年目はやり続けることを優先して結果をつけていきたい」と、目の前の結果のみで一喜一憂して方針を変えることはないと明言した。

 7月4日に再開するJ1は、まずは無観客での“リモートマッチ”として行われる。それでも土田SDは「浦和のサッカーを画面で見ながら『オシリが浮く』なんて最高じゃないですか」と、ピッチの中とお茶の間で同時にスイッチが入る瞬間を生み出すことを誓っている。

Football ZONE web編集部