元日本代表DF栗原氏が大金星をあげたアルゼンチン戦を回想 「メッシは特別すぎて神格化されているのかも」

 昨季限りで現役を引退した元日本代表DF栗原勇蔵氏が、「Football ZONE Web」のインタビューに応じ、日本代表の一員として臨んだ10年前のアルゼンチン代表戦を振り返っている。FWリオネル・メッシ(バルセロナ)を擁する南米の強豪国を相手に1-0の大金星を奪い、日本サッカー界にとっても歴史的勝利となったが、栗原氏はアルゼンチンを目の前にした際に実感した“問題点”を語っている。

 栗原氏は2002年のトップ昇格以降、18年間にわたって横浜F・マリノス一筋でプレーし、昨季限りで現役を引退。日本代表としても20試合に出場したが、そのなかで最も印象に残っているゲームの一つが、2010年10月8日に行われたキリンチャレンジカップの強豪アルゼンチン戦だろう。アルベルト・ザッケローニ監督の初陣となった試合で、栗原氏は先発に抜擢された。

 メッシを筆頭に、FWカルロス・テベス(現ボカ・ジュニアーズ)やFWゴンサロ・イグアイン(現ユベントス)ら世界最高峰の攻撃陣を相手に、日本の守備陣は無失点に抑える大健闘を見せた。フル出場で勝利に貢献した栗原氏は、アルゼンチン戦を前にザッケローニ監督が日本の選手たちに送った指示を明かしている。

「外国人監督は一流のスター選手を特に尊重する傾向があるので、ザックさんもロッカールームで『メッシに気をつけろ』と誰もが分かっていることを強調していた(笑) メッシは序盤、右サイド寄りでプレーしていたけれど、ザックさんはボランチの遠藤(保仁)さんと長谷部(誠)の立ち位置をいつもと逆に入れ替えて、長谷部にメッシをマークさせる対策は行っていた。メッシは明らかにやりづらそうにしていて、途中から左に流れるようになった」

 一方、栗原氏はワールドクラスの選手たちを前に、アルゼンチンが抱えている問題を感じ取ったという。「今もかもしれないけれど、当時もメッシに依存しているという雰囲気はあった。アルゼンチンの選手は、メッシ(のポジション)をその都度確認することで、攻撃をワンテンポ遅らせてしまっていた。最後にはメッシに回ってくるだろうという空気はあったので、そこさえ最後に仕事させなければというやり方はできた」と、日本が無失点で抑え込むことができたキーポイントを説明している。

メッシ依存は深刻? 「メッシが出ていなかったパターンのほうが、やばかったかもしれない」

「そこでわざわざメッシに渡さなくても……という場面もたくさんあった。他の選手も超一流でしたけど、メッシはやはり特別すぎて神格化されているのかもしれない。(ディエゴ・)マラドーナの時代もそうだけど、アルゼンチンのお国柄なのかも。日本人くらい俺だけで片付けてやる、と思われてもおかしくないのに、それでも全員がメッシを常に見る暗黙のルールを感じた。そのおかげで、帰陣に間に合ったりする場面も多かった」

 栗原氏は世界的トッププレーヤーが揃っているにもかかわらず、アルゼンチンの選手全員がメッシにパスを渡す意識が強いあまりに、攻撃のスピード感にやや欠ける印象を抱いたようだ。「もしかしたら、あの試合にメッシが出ていなかったパターンのほうが、やばかったかもしれないですね」と、“メッシ不在”のほうが他のスター選手の本領が発揮され、日本にとって脅威になっていた可能性があるとも指摘している。

 バルセロナでもメッシは不動の地位を確立しているが、「バルセロナは確固たる戦術の土台があって、神様のようなメッシがそのうえでプレーしているわけだけど、アルゼンチンは明確な戦術がなく、『メッシ、頼みましたよ』というパターンが多くて、窮屈そうだった」と、“バルセロナのメッシ”と“アルゼンチンのメッシ”の違いについて見解を述べていた。

 先日キャリア通算700ゴールを達成したメッシは、今季のリーガ・エスパニョーラでも22ゴールを奪い得点ランキングのトップを走り、バルセロナではこれまでリーグ優勝10回、UEFAチャンピオンズリーグ制覇4回など数多くのタイトル獲得に貢献した。一方、アルゼンチン代表では2005年のデビュー以降、いまだに主要タイトルを獲得できていない。クラブと代表で生じている“明暗”は、栗原氏が指摘するように「メッシを生かしているか」と「メッシに依存しているか」の違いがあるのかもしれない。

Football ZONE web編集部