リーグ戦での不振により新監督就任報道が過熱も…来年までカタールに残ることが確実

 カタール1部アル・サッドは5日、シャビ・エルナンデス監督と契約延長したことを正式に発表した。古巣バルセロナの新監督就任も噂されていたシャビ監督だが、2020-21シーズンもアル・サッドの指揮を執ることが決まった。

 シャビ監督は昨年アル・サッドで現役を引退し、その後にトップチームの指揮官に就任。しかし、今年1月に古巣バルセロナのエルネスト・バルベルデ前監督が解任された際に後任監督として名前が浮上し、去就が注目を集めていた。シャビ監督はバルセロナからオファーがあったことを認めているものの、当時は“時期尚早”として実現しなかった。

 そしてバルベルデ前監督の後任には元ベティスのキケ・セティエン監督が就いたが、ここ数試合での不振もあって選手からの信頼を失ったとの報道が過熱している。バルセロナでは再び監督交代の噂が浮上し、そこで選手たちからはシャビ監督の復帰を待望する声が挙がっていると伝えられていた。

 そうしたなかで、アル・サッドは5日に公式サイト上でシャビ監督との契約延長を発表した。アル・サッドで監督キャリアをスタートさせたシャビ監督は、2020-21シーズンも指揮を執ることが決まり、これで少なくとも来年まではカタールに残ることが確実となった。

 バルセロナの選手もファンも復帰を待ち望んでいたものの、“レジェンドの”帰還はまだ当分は先になりそうだ。

Football ZONE web編集部