クロップ監督が南野に言及 「必要なのは時間だけだ」

 リバプールのユルゲン・クロップ監督が、今冬の新戦力である日本代表MF南野拓実について「2、3点取れるチャンスはあった。アンラッキーだった」とここまでを振り返り、適応のためには時間が必要だと語った。英紙「ロンドン・イブニング・スタンダード」が報じている。

 南野は今年1月にオーストリア1部ザルツブルクからリバプールに移籍した。ここまでプレミアリーグ7試合、FAカップ3試合に出場。センターフォワードや左右のサイドで起用されているが、ここまで得点はない。

 まだ目に見える結果が出ていないなかで、クロップ監督は南野を擁護している。チームへの適応を焦らず、長い目で見ていく姿勢を示した。

「得点に関しては、彼は本当にアンラッキーだった。2、3点取れるチャンスはあった。すべてが良い状態にある。必要なのは時間だけだ。我々は本当に強いチームで、ここに入るのは簡単ではない。今、タキ(南野)にできるのはハイレベルのトレーニングを積むこと。我々は完全に満足しているし、すべてが良い。彼はそれを続けていくことだ。問題ないよ」

 リバプールは昨季にUEFAチャンピオンズリーグを制し、今季は悲願だったプレミアリーグ優勝と2年連続でメジャータイトルを獲得。大幅な選手の入れ替えも起きず、完成度の高いチームができ上がっている。そこに割って入ってポジションを奪うことは容易なことではないだけに、指揮官はじっくりと時間をかけて南野をチームに溶け込ませようとしているようだ。

 また、記事では「もし南野がアンフィールドのファーストチームに入るためにインスピレーションを必要としているのであれば、ナビ・ケイタ以上の存在はない」と、“ロールモデル”の存在が指摘されている。ケイタも南野と同じく、ザルツブルクでキャリアを積んだ選手で、ドイツのRBライプツィヒを経て2018年夏にリバプールに加入した。

 移籍金5200万ポンド(約70億円)の高額移籍で大きな期待を集めたケイタも、リバプールではなかなかポジションをつかめなかったが、特にこの中断明けの数試合では高いパフォーマンスを示している。

ケイタは加入から2年間でチームに適応「完全に定着した」

 クロップ監督はケイタについて、「今では彼は完全にチームに定着している」と2年をかけてチームに適応してきたと評価。「過去2年間、我々はあまり試合に負けていなかったから、選手たちがフィットしている限りは入ってくるのは難しかった。今は状況が変わり、彼(ケイタ)は本当に良い時を迎えていて、フィットしている。完全に定着した」と、時間はかかったが着実にチームの戦力として成長したと語っている。

 南野はシーズン途中での加入であり、ケイタのように時間を要することはクロップ監督の中では想定内のようだ。リバプールでプレーする初の日本人選手となった“タキ”の、今後の飛躍に期待だ。

Football ZONE web編集部