【増川隆洋インタビュー|第3回】191cmDF増川が17年間のプロ生活で出会った最高のパートナー

 名古屋グランパスでJ1リーグ制覇を経験したDF増川隆洋は、昨季限りでJ2京都サンガF.C.との契約が満了した。現在は「事実上の引退」となり、家族とともに福岡で「児童発達支援」に励んでいる。昨季までは現役選手としてプレーしていた191センチDFの増川が、「Football ZONE web」のインタビューに応じ、センターバック(CB)としてコンビを組んだ最高のパートナーを挙げた。

 2003年にアビスパ福岡でキャリアをスタートさせ、05年に名古屋に移籍。10年にはドラガン・ストイコビッチ監督の下、元日本代表GK楢﨑正剛やDF田中マルクス闘莉王らと共闘し、J1優勝を経験した。13年まで在籍し、14年にはヴィッセル神戸へ移籍。16年に北海道コンサドーレ札幌、18年からは京都でプレーした。だが、40歳となった昨季限りで契約満了となり、そのまま20年シーズンが開幕。現在は「事実上の引退」であるとし、福岡県大野城市で児童発達支援事業をセカンドキャリアとして、子供たちの教育をサポートしている。

 現役時代は191センチの長身を生かし、屈強なCBとして活躍。名古屋で優勝を果たした10年には楢﨑や闘莉王らとともにJリーグベストイレブンにも選出された。プロ生活17年間を走り抜けた増川が、コンビを組んだ最高の“パートナー”について言及。自身のキャリアに多大な影響を与えた元同僚の存在を明かした。

「やっぱり闘莉王は成長させてくれた部分もいっぱいあったし、年下だけど頼れる部分もすごく多かった。DFとしても人間としても、すごく刺激になった」

 2歳年下で、2010年に名古屋をJ1制覇に導いた名コンビ。増川にとって、闘莉王の存在はやはり大きかった。特に、同じCBとしての能力の高さを真横で見て、衝撃を受けたようだ。

「勘が鋭い。行く時には行くという判断をすごく持っている。相手との間合いも器用で、(クリアの時)ヘディングをよく胸トラップしているけど、僕にはできない。真似をしようとしても感覚的にできない。そういうのを見ていたら『なんだ、この感覚は』と。いろんな意味で賢い選手」

“闘将”の姿に刺激…「本当に人間的に魅力があるやつ」

 ヘディングでクリアすると相手に思わせて、瞬時の判断で胸トラップ。猛然とドリブルをスタートさせる機転の鋭さも持ち味だった闘莉王。咄嗟の判断力だけでなく、ワンプレーを切り取っても驚きを隠せなかったようだ。守り切ることはもちろん大事だが、“DFW”と呼ばれるほどの攻撃力や、積極的で正確なビルドアップでチャンスも作り出していた闘莉王。また、増川は闘将としてチームを鼓舞する姿にも大きな刺激を受けたようだ。

「闘莉王を前に行かせて自分は引いている感じだった。うまくFWにプレッシャーを与えていたのかな。それであいつは胸で受けちゃう。DFからしたら競り合いで負けるのはよくない。僕は安パイではじいてしまう考えだった。そういった意味でも、あいつはそれができるのが凄いなとずっと思っていた。しかも、闘争心むき出し。僕は違う。(闘莉王には)執念みたいなものがあった。日本人はあまり持っていないと思う。引っ張っていってくれる人間性は自分にないもので、見習わなきゃな、と。本当に人間的に魅力があるやつ」

 名古屋がJ1初優勝を成し遂げた2010年、勝ち点72を積み上げ、得点は54(リーグ5位)、失点はリーグ3番目の少なさで37だった。32試合に出場した増川と闘莉王の“鉄壁”名コンビはJ1を代表する存在感を放った。そしてベストイレブンの選出。それも、高め合い続ける相棒がいたからこそだった。

「あんなに1年目から上手くはまるんだなと思った。あいつが結構気を遣ってくれたのだとは思いますけどね。(ベストイレブンも)ありがたい」

 プロとして最前線で走り続けてきたから出会えた最高のパートナー。サッカーを通して刺激を受けてきた存在は、増川の人生においても多大な影響を与えたようだ。

Football ZONE web編集部