【J番記者コラム】近年相次ぐ主力の流出、変わりゆく鹿島スタイルと新たな挑戦

 由々しき事態に直面している。

 2020年のシーズンインからここまで勝利の余韻に浸ったことがなく、よもやの公式戦6連敗。Jリーグに限っていえば、クラブワーストの開幕4連敗を喫してしまった。“常勝”を謳う鹿島アントラーズに、一体、何が起こっているのだろうか。

 今季から監督に迎え入れられたアントニオ・カルロス・ザーゴの下、現代サッカーの戦術的トレンドであるポゼッションとトランジション(攻守の切り替え)を軸にした新たなスタイルの構築に取り組んでいる。同監督は母国ブラジルだけではなく、ヨーロッパでの指導経験もあり、現代サッカーの戦術に精通している人物だ。

 だからといって、ガチガチの戦術マニアではない。サッカーが行われるのはピッチの上であって、机の上ではない。プレーする選手たちの自主性を促しつつ、時には映像を使って、時には自ら模範を示し、思い描くサッカーの落とし込みに力を注いでいる。

 これまでの鹿島といえば4-4-2システムを基調に、サッカーの原理・原則に基づく戦い方を貫いてきた。同じメンバーで、じっくりと時間をかけてコンビネーションを熟成させ、揺るぎない牙城を築き上げていく。その方法論は叩き上げの職人さながらで、質実剛健を地でいくようなチームスタイルでもあった。

 だが、時代は大きく変容している。

 鹿島でプロのキャリアをスタートさせ、数年後にスタメンを張れるようになり、勝ち方を覚え、優勝の瞬間を味わう。さらに日本代表でのキャリアを積んでいくともなれば、次なる刺激がやはり欲しくなるのだろう。「鹿島の顔」とも言うべき存在はこぞって海外志向を募らせていく。

 ここ2、3年を振り返っても柴崎岳(現デポルティボ)、植田直通(セルクル・ブルージュ)、昌子源(トゥールーズ→ガンバ大阪)、鈴木優磨(シント=トロイデン)、安西幸輝(ポルティモネンセ)、安部裕葵(バルセロナB)といった面々が若くしてヨーロッパに新天地を求めた。

「同じメンバーで、じっくりと時間をかけて」

 主力の流出が避けられない昨今、こうした長期的な視野に立ったチーム作りが非常に困難になっている。そこで、どんなに選手が入れ替わっても再現性のあるサッカーを可能にすべく、戦術的フォーマットの導入に至った。

結果は出ていないが「イメージするサッカーに近づいている」とザーゴ監督は断言

 型にはめる――と言うと語弊はあるが、ポジショニング、ボールの動かし方、プレッシングのやり方など、細かい約束事に沿って、同じ絵を描きながらプレーすることが選手たちに求められている。

 ザーゴスタイルの最も特徴的な“初期設定”は両サイドバックを高く押し上げ、2ボランチの1人が最終ラインに下がって、2人のセンターバックとともに3バックのような形を作り、ビルドアップしていく方法だ。ピッチの幅を最大限に生かし、サイドでの主導権を握る。それが戦術的な主たる狙いでもある。

 エヴェラウド、ファン・アラーノ、和泉竜司、永戸勝也、広瀬陸斗と、Jリーグ開幕戦のスタメンの顔ぶれを見ると、新加入組がおよそ半数を占めていた。これまでの土台があるので、まるっきり“ゼロからのスタート”とまでは言わないが、新生・鹿島を強く印象づけている理由だ。

 結果は伴っていないものの、「自分がイメージするサッカーに近づいている。下を向く必要はない」と新指揮官は断言する。

 あらゆる面で初ものずくめの鹿島。この窮状をいかにして脱していくのか。

 ザーゴ監督が打ち出す戦術的フォーマットに息を吹き込むのは、やはり選手たちの持ち味やアイデア、スキルにほかならない。戦術に従いつつ、戦術に縛られない。そんな絶妙な塩梅を見つけ出し、どこまで“自分たち仕様”に昇華できるか。そこが浮上の大きなカギになるだろう。

 常に勝つことを自らに課す鹿島。真価を問う戦いが続く。

Football ZONE web編集部