【食野亮太郎インタビュー|第2回】強豪レンジャーズ相手に英絶賛の絶妙ボレー弾を披露

 J3から強豪マンチェスター・シティへ――。昨年、ガンバ大阪U-23でのシーズン始動から、たった7カ月でプレミアリーグ移籍を実現させたU-23日本代表FW食野亮太郎が、海外初挑戦の1年を終えて「Football ZONE web」の単独インタビューに応じた。昨年夏にG大阪からシティへ完全移籍。労働許可証の問題から、直後にスコットランドのハーツへレンタル移籍で武者修行に出た。新天地での海外挑戦1年目は19試合3得点。来年夏への延期が決定した東京五輪に向けてもU-23日本代表として活躍する食野の思いとは――。第2回では「敵将からの言葉」について語る。

 2019年10月20日、リーグ第9節アウェーでのレンジャーズ戦(1-1)。ホームに強豪を迎えた一戦で食野は輝いた。開始早々の前半6分、GKジョエル・ペレイラのロングフィードをイングランド人FWウチェ・イクペアズが競ったボールにアイルランド人MFジェイク・マルラニーが素早く反応。シュートは相手GKの好セーブに遭ったが、こぼれた浮き球に対して食野がジャンプしながら左足ボレーで合わせ、ループ気味の弾道で先制のネットを揺らした。

 敵将のスティーブン・ジェラード監督も渋い表情を浮かべた技ありの一撃。英紙「スコティッシュ・サン」は、その試合の採点で食野にDFマイケル・スミスに次ぐ両軍2位タイの「7点」を付け、「速射砲」と描写した。また、保有元であるマンチェスター・シティの地元紙「マンチェスター・イブニングニュース」は、「メシノは一流」「メシノ、なんてヤツだ」「中村俊輔以来に良い」といったSNS上の声を紹介した。

 衝撃のボレー弾について、食野自身は次のように振り返る。

「いいところに立っていたんですよ。味方が裏にクリアミスで蹴ったボールが自分のところに戻って来て。あんなにきれいに戻ってくるとは思っていなかったけど、それも運というか、嗅覚持っているんちゃうかなと(笑)。ボレーは咄嗟に出たものでした」

 強豪相手の先制点で、リバプール史に残る英雄である敵将ジェラードも思わず顔をしかめた。試合後は食野のもとを訪れて握手をかわし、「我々にとっては良いゴールではなかった」と得点の印象を語った。さらに食野に関して「闘志があり、しっかり(スコットランドのサッカーで)戦えている。あのゴールでも分かるように、クオリティーのあるところも見せた。(この試合の)メシノはよくやった。感心したよ」と絶賛した。

ホーム戦でもジェラード監督から呼び止められ…「名前を覚えてもらっていた」

 年が明けた1月26日のリーグ第23節で、ジェラード監督が率いるレンジャーズと再び対戦。1月上旬から中旬までU-23日本代表の一員としてU-23アジア選手権に唯一の海外組として招集されていた食野は、ホームで迎えたこの一戦でベンチを温めることとなった。2-1でハーツが勝利を収めた試合後、食野は再びジェラード監督に呼び止められた。

「『メシノ!』って握手しに来てくれて、名前を覚えてもらっていました。そこは嬉しかったですね、率直に。『グッドラック』と声をかけてもらったかな」

 敵将の印象にも大きく残った一発。この絶妙なボレーシュートは、父とG大阪アカデミーで育った弟・壮磨(京都産業大)とともに幼い頃から積んだ猛特訓の賜物だった。

「あのボレーは小さい時から、父親と弟と公園で練習して積み重ねていたものが出ました。親があの試合をスコットランドまで観に来てくれていて、『小さい頃からの成果が出たな』とメッセージをくれました。父親はサッカーをやっていなかったけど、僕の身長があんまり大きくならないやろなと思って『大事なのは基礎技術』と一緒に取り組んでくれていたんです。リフティング、細かいステップの練習を毎日朝から夕方まで。練習の賜物というのは身に染みて持っていると思います」

 大阪府泉佐野市に生まれ、この地に栄えた豪商・食野家の末裔。中学から入団したG大阪のジュニアユースでは、同期が日本代表でも主力を担うMF堂安律(PSV)だった。堂安は一足早く16年にトップチームへ飛び級昇格を果たすなど飛躍を遂げる一方で、食野はコツコツと努力を重ねてきた。19年の開幕当初はJ3に所属するG大阪U-23で過ごし、そこでしっかり結果を残した。3月10日の開幕戦ヴァンラーレ八戸戦(2-2)で幸先良くゴールを決めると、同31日のY.S.C.C.横浜戦(5-0)で、この日Jリーグデビュー戦となったG大阪ユース所属だった弟・壮磨と“アベックゴール”を達成。J3で8戦8発と爆発し、トップへ昇格、夏にはシティ移籍を実演させた。

 それも、兄弟で積み重ねてきた基盤があったから。父は平日でも、野球場のナイター施設の明かりを利用して練習に付き合ってくれた。自身が通っていたサッカースクールから帰った後も、父とともにボールを蹴った。あの頃の記憶が、レンジャーズ戦のシュートの瞬間よみがえった。左足に込めた家族への思い。自身の武器を再確認した。

父、弟と重ねた小さい頃の思い出 「ドリブル、ターンはめちゃくちゃ練習した」

「ドリブル、ターンはめちゃくちゃ練習したし……小さい頃からボールを体の一部のように扱えるようにしてきたので、足もとの技術には自信を持っています。」

 食野にとって父と弟・壮磨と過ごした時間、ハーツで積んだ経験はかけがえのないもの。それを発揮できた一戦で与えた印象、敵将ジェラードからの一言もまた大きな自信となった。決して順風満帆なサッカー人生とは言えない。それでも、幼い頃からコツコツと積み上げたように、食野は一つずつ夢への階段を上っていく。

Football ZONE web編集部