【食野亮太郎インタビュー|第3回】U-23アジア選手権での“絶望”を受け入れるまでの苦悩

 昨年夏にガンバ大阪からマンチェスター・シティへ完全移籍したU-23日本代表FW食野亮太郎が、海外初挑戦のシーズンを終えて「Football ZONE web」の単独インタビューに応じた。労働許可証の問題から、スコットランドのハーツへレンタル移籍で武者修行に出て、新天地での海外挑戦1年目は19試合3得点。欧州でのさらなる飛躍を誓うと同時に、22歳の食野にとっては来年夏に延期された東京五輪への出場は、大きな目標の一つとなっている。第3回は「五輪からA代表への思い」について語った。

 今年1月、東京五輪世代にとって厳しい結果となったのが、タイで開催されたU-23アジア選手権だった。東京五輪予選も兼ねた大会で、各国が出場権獲得を目指す公式戦。五輪開催国としてすでに出場権のある日本にとっても、本大会を見据えた貴重な実戦の場となったが、1分2敗と大会史上初のグループリーグ敗退を喫した。第1戦サウジアラビア戦(1-2)、第2戦シリア戦(1-2)と2連敗、第3戦でカタールに1-1で引き分けたものの、アジアで勝てなかった事実は選手に重くのしかかった。特に、“唯一の海外組”として招集された食野は10番を背負い、3試合連続で先発出場。1得点1アシストの結果を残したが、表情を緩めることは一度もなかった。

「あの試合が終わった後、しばらくあんまり考えられませんでしたが、ふとした時に思い出してしまっていましたね。チームとしては戦術の基盤があって、今さら変えるとかそういうのではない。それとは別に一人ひとりの土台が大きくないといけないし、戦術も個人が大きければ、それだけ大きいものになると思います。結局は個人が成長しないとチームも強くならないのかなと思ったので、しっかりと自分の実力を伸ばして、選手として一回り大きくならないと。自分は(五輪本番までに)克服できると思いました」

 食野自身、昨年の開幕当初はJ3に所属するG大阪U-23からスタート。そこから着実に結果を残し、自らの力でトップチームへ昇格。J1でも衝撃的なゴールを挙げて、U-23での始動からたった7カ月でプレミアリーグの強豪シティへの移籍を実現させた。結果的に新型コロナウイルスの影響で、東京五輪は1年間の延期を余儀なくされたが、U-23アジア選手権での惨敗により日本の課題もはっきりした。

昨年まで年代別代表の招集歴はなし…五輪代表“候補”までの道

「アジアの大会でチームとして3得点しかできていなかったのが問題。いくら相手が引いていたからといっても、攻撃的なポジションの自分からしたらもっと点を取らないといけないし、仕掛けないといけなかったかなと。守備の問題もあったかもしれませんが、やっぱり攻撃陣が3点じゃ何も言えない。磨くところはそこかなと思います。終わった後に結構メディアにも書かれていましたが、僕はそういうのを見たら『見返してやる』という気持ちが強くなるタイプなので、本番で『絶対に勝つぞ』と思いましたね。そういう意味では自分の成長があってこそ」

 U-23日本代表において、食野の主戦場であるシャドーはすでにA代表で活躍するMF久保建英(マジョルカ)や、G大阪アカデミー時代の同期であるMF堂安律(PSV)をはじめ、実力者が揃う“激戦区”。そのなかでも食野は、直近の代表活動で存在感を示してきた。1年後に延期となった東京五輪本大会に向けて、メンバー入りするために必要なことも整理している。

「みんなそれぞれ特長は違いますし、僕は前に仕掛けてアクションするタイプ。ゴール前で点やアシストに絡めるのが自分の特長だと思うので、その特長を生かしてプレーすれば候補に入っていけるんじゃないかと思います。他の選手と比較するわけじゃないですけど、そこでしか生き残れないし、そこにこだわって勝負していきたいです。」

 昨年10月にU-23日本代表へ初招集されるまで、年代別代表の選出歴はなかった。決して“エリート”とは言えない。それでも泥臭く、目標は明確に持ち続けてきた。もちろん、A代表入り、そしてワールドカップ(W杯)出場は絶対に叶えなければいけない夢だ。

「僕は年代別代表に入ったことがありませんでしたが、最後にA代表に入ったやつが勝ちやと思っていました。W杯に出て活躍すれば、誰も年代別代表に入っていないとか言わないと思うし、日本でサッカー選手をやらせてもらっている以上、『最後にA代表に入ってやる』という気持ちはずっと持っていましたね。ただ、今は年代別代表に呼んでもらえるようになって、五輪に出たい気持ちは強くなっています」

 目の前の目標を一つずつ確実にクリアして、海外移籍まで掴み取った22歳。思い描く未来も必ず実現させるだろう。そう思わせてくれる実直さが、食野にはある。

Football ZONE web編集部