南野は最終節ニューカッスル戦で先発出場も… 移籍後初ゴールは来季に持ち越し

 リバプールは現地時間26日、プレミアリーグ最終節でニューカッスルと対戦し、敵地で1-3と逆転勝利を収めた。日本代表MF南野拓実は8試合ぶりの先発を飾るもノーゴールで途中交代したが、試合後にユルゲン・クロップ監督は南野に対し、「タキは完璧な思考態度だった」と称賛の言葉を送っている。

 第31節消化時点で30年ぶりのリーグ制覇を決めたリバプールだが、主力メンバーの起用を継続。しかし、プレミア歴代最多勝ち点「100」の記録更新の可能性が潰えたこともあり、最終節のニューカッスル戦では大幅なメンバー変更を敢行した。南野は8試合ぶりの先発を飾り、セネガル代表FWサディオ・マネに代わって左ウイングに入った。

 試合は開始25秒で失点する予想外の展開となったが、前半29分に南野がゴールを脅かす。左サイドからパスを受けた南野が鋭い反転で相手DFを振り切ると、ペナルティーエリア手前から右足を一閃。強烈なミドルシュートは枠を捉えるも、相手GKのジャンピングセーブに阻まれて惜しくもゴールとはならなかった。

 リバプールは前半38分にオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイク、後半16分にベルギー代表FWディボック・オリギがネットを揺らし、逆転に成功。南野は健闘したものの、同19分に途中交代を命じられた。移籍後初ゴールは来季に持ち越しとなったが、試合後にクロップ監督は南野に対し惜しみない賛辞を送っている。

「タキは完璧な思考態度だった。彼は大きな野望を抱いており、さらなる出場機会を求めている。誰でも時間は必要なものだ。フィルジル(・ファン・ダイク)を除いては、契約した全選手が時間を要した。彼の道のりは順調だよ」。移籍後、リーグ10試合もノーゴールノーアシストと悔しい結果に終わった南野だが、クロップ監督は来季の活躍に期待していた。

Football ZONE web編集部