南野は最終節ニューカッスル戦で8試合ぶりの先発出場 初ゴールは来季に持ち越しに…

 リバプールの日本代表MF南野拓実は現地時間26日、プレミアリーグ最終節ニューカッスル戦(3-0)で8試合ぶりの先発出場。移籍後初ゴールは来季に持ち越しとなったが、英メディアは「加入以来、最も印象的だったのは確実だ」報じている。

 第31節消化時点で30年ぶりのリーグ制覇を決めたリバプールは、その後も継続して主力を起用。しかし、プレミア歴代最多勝ち点「100」の記録更新の可能性が潰えたこともあり、最終節ニューカッスル戦では大幅なメンバー変更を施された。8試合ぶりに先発を飾った南野は左ウイングに配置された。

 前半29分には南野が左サイドからパスを受けて鋭い反転で相手DFを振り切ると、ペナルティーエリア手前から右足を一閃。強烈なミドルシュートは枠を捉えるも、相手GKの好セーブに阻まれてしまう。ゴールの手応えがあったのか、南野は悔しげに叫びながら天を仰いでいた。

 後半19分に南野はセネガル代表FWサディオ・マネと途中交代。移籍後初ゴールは来季に持ち越しとなったが、英地元紙「リバプール・エコー」は「サラーとマネから得たチャンスは逃したが、リバプールでタクミ・ミナミノの状況が変わった」と見出しを打って注目している。

 記事では、「ユルゲン・クロップは南野から非常にポジティブな兆候を見出した」と取り上げ、「ニューカッスル戦のプレーは、加入以来、最も印象的だったのは確実だ」と明言している。

 リーグ戦10試合でゴール、アシストともになしに終わったが、来季は戦力として活躍できると太鼓判を押していた。

Football ZONE web編集部