リバプールを30年ぶりのリーグ優勝に導いたクロップが年間最優秀指揮官に選出

 プレミアリーグは今季全日程を消化したなか、英メディア「スポーツ・バイブル」が全20チームの監督をランク付け。リバプールを30年ぶりのリーグ優勝に導いたユルゲン・クロップ監督が“年間最優秀指揮官”に輝いた。

 クロップ監督は2015年10月にリバプールの指揮官に就任。18年、19年と2年連続でUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝に駒を進め、昨季は14年ぶりにビッグイヤーを獲得した。そして、今季はプレミアリーグ2連覇中のマンチェスター・シティに最終的に勝ち点18という大差をつけて優勝。リバプールの英1部リーグ制覇は1989-90シーズン以来30年ぶり19回目で、1992年に現在のプレミアリーグが発足してからは初だった。

「スポーツ・バイブル」が発表したランキングでは、今季プレミアリーグクラブを率いた計26監督を上から「年間最優秀監督」「素晴らしい」「予想以上」「想定通り」「予想以下」「ひどい」「完全な失敗」と順位付け。クロップ監督とは正反対のワースト指揮官に選ばれたのは、アーセナルでの2年目に公式戦7試合未勝利の末に解任となったウナイ・エメリ前監督と、昨年12月にはエバートンを降格圏まで沈めてしまったマルコ・シルバ前監督だった。

 上から2番目の評価に値する「素晴らしい」に名を連ねたのは、シティのジョゼップ・グアルディオラ監督、最終的にマンチェスター・ユナイテッドを3位フィニッシュに導き、来季のCL出場権を獲得したオレ・グンナー・スールシャール監督、そしてシェフィールド・ユナイテッドのクリス・ワイルダー監督の3人となった。

 記事は特に、昨季英2部リーグのチャンピオンシップ2位でシェフィールド・Uを13年ぶりのプレミアリーグ昇格に導き、今季は14勝12分12敗の勝ち点54で9位と健闘を見せたワイルダー監督について、「クロップ監督と唯一、年間最優秀監督の座を争った指揮官」と絶賛していた。

Football ZONE web編集部