リーグ監督協会が選ぶ今季の最優秀指揮官に輝き、ファーガソンからビデオメッセージ

 かつてマンチェスター・ユナイテッドを率いた名将サー・アレックス・ファーガソン氏が、30年ぶりのリーグ優勝を成し遂げたリバプールのユルゲン・クロップ監督に「傑出したパフォーマンスだった」と賛辞を送った。また、クロップ監督から“深夜3時半の優勝報告”を受けたことも明かしている。英紙「デイリー・ミラー」が報じた。

 クロップ監督はその手腕が評価され、リーグ監督協会(LMA)が選ぶ今季の最優秀監督に選出された。それを受けて名将ファーガソン氏がクロップ監督へビデオメッセージを寄せ、「ユルゲン、君は素晴らしいよ。30年ぶりの優勝、信じられない」と賞賛の言葉を伝えた。

「完全に優勝にふさわしいチームだった。パフォーマンスレベルは本当に傑出していた。あなたのパーソナリティーがクラブ全体に伝わった結果だ。本当にマーベラス(素晴らしい)なパフォーマンスだった」

 さらにファーガソン氏は「深夜3時半に君からの優勝報告で起こされたことは許そう。ありがとう」とジョークを交えてクロップ監督を祝福していた。

 ファーガソン氏の古巣ユナイテッドとクロップ監督のリバプールと言えばイングランド最大のライバル関係だが、2人は今も互いにリスペクトし合う関係性を築いているようだ。

Football ZONE web編集部