来季は重要戦力として太鼓判「南野がその役割を託されるのに最適」

 今年1月にリバプールへ移籍した日本代表MF南野拓実は、公式戦15試合に出場するも、初ゴールは来シーズンに持ち越しとなった。そんななか、英メディアは「南野は移行期の鍵を握る存在であることを証明した」と、リーグ連覇に向けて重要な役割を担うと強調している。

 南野はザルツブルクから加入後、リバプールの一員としてリーグ戦に10試合、FAカップに3試合、URFAチャンピオンズリーグ(CL)に2試合出場。1年目でプレミアリーグ優勝を経験したが、世界トッププレーヤーひしめくタレント軍団の中で出番を勝ち獲ることは難しく、ノーゴールノーアシストに終わった。

 そのなかで、英地元紙「リバプール・エコー」は、「プレミア王者として迎える来季もトップを守るため飛躍は必須だが、今回の移籍市場で大金を叩くことは考えていない」と指摘。「別の方法で進化を遂げる必要があるだろう」と、現戦力でチームの強化を図る方針であると強調したうえで、南野が重要となってくることを強調している。

「南野は移行期の鍵を握る存在であることを証明した。リバプールは今夏で数選手を補強できることは見込めないため、来季も3トップの主力組のバックアップは彼とオリギが担うことになりそうだ。最後の数試合を見る限り、オリギの苛立つ一貫性のなさに比べ、南野がその役割を託されるのに最適であることに疑いの余地はほとんどない」

 また、リバプールは通常4-3-3システムを導入しているが、記事では「南野はあらゆる攻撃的ポジションでプレーできる。4-2-3-1システムの前線4ポジションでプレーできるが、中央が適任だろう。下位の対戦相手にシステム変更を施すことがあるため、シャキリの役割も担うことができる」とも主張していた。

 来季は南野にとっても重要なシーズンとなるのは間違いなさそうだ。

Football ZONE web編集部