プレミア制覇から遠ざかるマンU、英紙が歴代の「獲得できなかったワールドクラス」に注目

 イングランドの名門マンチェスター・ユナイテッドは、今季後半戦に14戦無敗(9勝5分)の快進撃を見せてプレミアリーグ3位でシーズンを終えた。2012-13シーズン以来、プレミア制覇から遠ざかるなかで復活を印象付けるパフォーマンスとなったが、英紙「デイリー・メール」はこれまでユナイテッドが「獲得できなかったワールドクラスの選手」によるベストイレブンを発表。元ブラジル代表FWロナウジーニョやオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイク(リバプール)らが名を連ねた。

 まず守護神に選ばれたのは、現在は古巣チェルシーでテクニカルアドバイザーを務める元チェコ代表GKペトル・チェフ。チェルシーやアーセナルなどで活躍し、プロ通算727試合に出場したチェフは、2018-19シーズン限りで現役を退いた。ユナイテッドには元デンマーク代表GKピーター・シュマイケルや元オランダ代表GKエドウィン・ファン・デル・サールというレジェンド守護神がおり、GKにおいて不十分ということはなかったが、サー・アレックス・ファーガソン元監督が「若すぎる」という理由で獲得を断念しなければ、チェフも“赤い悪魔”の守護神の系譜に名を連ねる可能性があったという。

 3バックに並んだのは、スペイン代表DFセルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)、ファン・ダイク、元イングランド代表DFジョン・テリーの3人。再三にわたりユナイテッド移籍が噂されてきたラモスは、実際にオファーもあり移籍を考えたことがあるとされるが、最終的には「レアル・マドリードが常に私のプライオリティーだった」とし、レアル残留を決めている。

 ファン・ダイクは2018年1月のリバプール移籍前、サウサンプトン所属時のプレーにユナイテッドは注目していたという。元ユナイテッドのコーチであるレネ・ミューレンスティーン氏は、海外メディア「Stadium Astro」で「ファン・ダイクを連れてくることの話が挙がっていたが、結局彼ら(ユナイテッド)は賭けもしなかった。しかし、リバプールは彼のポテンシャルやスピード、力などすべてが目に見えていた」と証言している。

 幼少期からユナイテッドファンだったというテリーは、トレーニンググラウンドに招待されるなどし、父親からはユナイテッド入りを懇願されていたが、最終的には「正しいと感じた」という理由からチェルシーを選択している。

3トップにはロナウジーニョ、シアラー、ハーランドが並ぶ

 サイドハーフには、2007年にサウサンプトンから獲得目前だったものの、最後はサウサンプトン側がオファーを却下したことで移籍が実現しなかったウェールズ代表FWギャレス・ベイル(レアル)と、昨夏にチェルシー移籍が決まる前にはユナイテッドを含む多くのビッグクラブから注目を集めていたアメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチが選ばれた。

 セントラルミッドフィールダーには、ドイツ代表MFトニ・クロース(レアル)と元ガーナ代表MFマイケル・エッシェンが選出された。クロースはユナイテッドファンにとっては苦い思い出。デイビッド・モイーズ監督時代にバイエルン・ミュンヘンからの移籍で合意していたにもかかわらず、ルイス・ファン・ハール氏に指揮官が交代したことで頓挫した。クラブレジェンドの元アイルランド代表MFロイ・キーンに憧れ、トライアルも受けたというエッシェンとユナイテッドの相性はピッタリに思えるが、バスティアを最初のクラブに選ぶと、その後はリヨンに移籍。ユナイテッドは2005年に再度獲得を試みたが、結局エッシェンはジョゼ・モウリーニョ監督率いるチェルシーに加入している。

 そして、3トップにピックアップされたのは、ノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランド(ドルトムント)、元イングランド代表FWアラン・シアラー、ロナウジーニョ。オレ・グンナー・スールシャール監督は、今年1月の移籍市場でハーランド獲得を希望していたが、敏腕代理人であるミノ・ライオラ氏の要求に沿うことができなかった。

 シアラーは二度にわたりユナイテッド加入のチャンスがあったが、実現せず。ロナウジーニョは2003年にパリ・サンジェルマンからの移籍が確実と見られており、ユナイテッドは背番号発表まで考えていたにもかかわらず、最後の最後にバルセロナへ心変わりされたことで獲得には至らなかった。

 もしも彼らの獲得が実現していたら……ユナイテッドはまた違う歴史を歩んだのかもしれない。

Football ZONE web編集部