本田圭佑が公式YouTubeチャンネルで“本田流”の宅トレを公開

 ブラジル1部ボタフォゴに所属するMF本田圭佑が自身の公式YouTubeチャンネルを更新した。ブラジルでも新型コロナウイルスの感染拡大がなかなか収まらないなか、ボタフォゴは現地時間9日にバイーアとのリーグ戦を迎える。調整を続ける本田は、自身の公式YouTubeチャンネルで“宅トレ”の様子を公開。”本田流”のフィジカルトレーニングに、ファンから反響が集まっている。

 今年1月にボタフォゴに加入した本田は、登録上の問題やインフルエンザ感染によりデビュー戦が見送られていたが、3月15日のリオデジャネイロ州選手権バングー・アトレティコ・クルーベ戦(1-1)でデビューを飾り、ゴールを決めていた。その後、ブラジルは新型コロナウイルスの大きな影響を受けており、アメリカに次いで被害が拡大。3日時点で273万人以上が感染し、9万4000人以上の死者が出ている。

 そのなかでブラジルサッカー界は、6月下旬に約3カ月ぶりに再開。9日にはブラジル全国選手権の開幕を控えており、本田も日々トレーニングを続けている。そうしたなか自身の公式YouTubeチャンネルに、「【宅トレ】本田圭佑流フィジカルトレーニングに挑戦」と題した動画を投稿。自宅でフィットネスウェアに身を包んで、「質の高め方」とキツイ練習方法を伝授し、自身の考え方を述べている。

「やり始める前に質についての僕なりの考え方を話します。高校生、大学生からどうやったらプロになるか相談されます。9割はプレーを見るとプロになれないやろなと思う。もっと練習しなあかんし、もっと努力もしなあかん。でも、半年後、1年後を見ても全く成長していない。どういう練習してたんか聞くと『チーム練習2時間やって自主練2時間半から3時間みっちりしていました』と言う。それで成長しないわけがない。何かしらおかしい。結果を出すための努力であって、頑張った気になってもらいたいわけではない。質への考え方は大事」

 そう話して、短時間ながらも質の高い練習方法を紹介。これにファンからは「これ笑ってしまうほど、めちゃくちゃキツい」「長友選手と合トレ動画出して欲しい」「これはプロ」「本田圭佑のトレーニングを無料で観れるとかいい時代になった」などのコメントが相次いだ。強靭な肉体を誇る本田は、自宅でも質の高いトレーニングで自身を鍛え続けている。

Football ZONE web編集部