ユナイテッドは移籍金の分割払いは追加支払いの可能性を模索

 マンチェスター・ユナイテッドがドルトムントのイングランド代表MFジェイドン・サンチョの獲得に関して、条件面の合意間近に迫っていると、英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。移籍金1億2000万ユーロ(約150億円)要求の姿勢を貫いていたドルトムント側は、ここにきて態度を軟化させており、“デンベレ方式”での移籍を容認する構えだという。

 今季ブンデスリーガで17得点17アシストを記録したサンチョは、今夏にビッグクラブへのステップアップを望んでいるとされ、有力候補に挙がっているのがイングランドきっての名門ユナイテッドだ。

 両クラブによる交渉は現在進行形で進展しており、5年契約の個人的な条件面での基本合意に近づいているという。ネックになっているのが高額の移籍金だが、これまでドルトムントは一貫して1億2000万ユーロ(約150億円)要求の姿勢を崩していなかったものの、最新のレポートでは、これより少ない金額でのオファーを受け入れる準備ができているという。

 ドルトムント側の理想としてはサンチョ移籍後の後釜確保のため、初期費用として1億ユーロ(125億円)を求めていた。しかし、今夏の移籍市場でそれだけの金額を投じた補強の可能性が低いため、態度を軟化させているという。ユナイテッド側は移籍金の分割払いやアドオン(追加払い)の可能性を模索していると伝えられている。

 記事では、「ドルトムントはこの交渉の手法を2017年8月にバルセロナにウスマン・デンベレを売却した時に使っている」と指摘。当時、フランス代表FWの移籍金として1億4000万ユーロ(約175億円)の前払いを要求していたものの、交渉の末に1億500万ユーロ(約130億円)を前払いとし、残りを後からの追加払いで受け取る形で移籍を実現させていた。

 17歳の時に母国を離れ、ドイツで経験を積んだマンチェスター・シティ出身のサンチョ。3年ぶりの母国復帰が間近に迫っている。

Football ZONE web編集部