【J番記者コラム】大分戦でミスから2失点、城福監督が先発落ちに込めたメッセージ

 ウワーーーーッ。

 漫画とか映画で見るような咆哮をあげながら、大迫敬介は自分を責めた。責め続けた。

 J1リーグ第3節、対大分トリニータ戦。後半40分まで全くチャンスを与えなかった大分に対して、立て続けに失点し逆転負け。その2点とも、明白な大迫自身のミスから生まれた。

 もちろん、彼だけの責任ではない。決定機を得点できなかった攻撃陣にも、クロスを簡単に入れさせた守備陣にも、同点ゴールを取られた後に落ち着かせることができなかったチーム全体にも、課題は残った。しかし、同点弾を喫した時のクロス対応も、逆転弾につながったスローのミスも、大迫のレベルからすれば考えがたい。責任を免れることはできない。

 城福浩監督は決断した。次のサガン鳥栖戦、ゴールマウスの前に立ったのは林卓人。言うまでもなく、今のJリーグでは突出した実績を持つベテランだ。一昨年はPKストップ2本をはじめ多くのビッグセーブでチームを助け続け、リーグ戦2位の原動力となった。もし、前半戦に独走を記録したままの勢いを保って優勝すれば、パトリック(現ガンバ大阪)とともにMVPの有力候補となっていたはず。昨年は腰痛もあり、コンディションが整わなかったが、今年は違う。「コンディションは問題ない」と自身が言い切るほどの状態。トレーニングでも見事なパフォーマンスを見せており、準備は整っていた。

「ミスしたから大迫を外すのではなく、林卓人が素晴らしい状態だから起用するんです」

 城福監督は正直な人だ。想いを隠そうとしても態度や口調で分かる。就任3年目、毎日に近いペースで彼と言葉をかわしてきた経験上、言葉に嘘はない。だが一方で、彼が言わなかった想いも透けて見えた。

「敬介、ここからだぞ。俺は見ているぞ」

 指揮官の言葉は、林の真摯さや能力の高さを言っただけではない。たとえ先発から外れようとも、トレーニングを見て準備のレベルを常にチェックしている事実を、若者に突き付けたのだ。ここから巻き返すのは、すべて大迫敬介の努力次第――。言葉にしなかったメッセージを、記者は感じた。

 アウェーの鳥栖戦、林は素晴らしい集中力から二つの被決定機を未然に防いで零封。状態の良さをプレーで示した。

 その翌日、広島に残った選手を中心に行われた広島ユースとのトレーニングマッチを、大迫は袖からずっと見つめる。ストレッチや筋力トレーニングを続けながら、増田卓也、廣永遼太郎といったサブ組のGKたちの奮戦を目に焼き付けていた。

横浜FC戦の最初の飛び出しで確信した、GK大迫の復活

 その後のトレーニングでも、彼はいつもどおり。トレーニングに集中し、居残ってたくさんのシュートを受ける。林がルーキーの頃からずっと続けてきた猛練習の蓄積を、大迫もまた引き継いだ。汗と泥にまみれ、そのうえで彼らしい笑顔も忘れない。

 林のパフォーマンスは、その後も決して悪くなかった。しかし、オウンゴールやビルドアップのミス、セットプレーでのマークミスなどの不運が続き、セレッソ大阪戦、ガンバ大阪戦と連敗。4試合勝利なしとチームに暗雲が立ち込める。

 第8節の横浜FC戦、城福監督はリズムを変えるべく、メンバーを大幅に入れ替えた。1トップにドウグラス・ヴィエイラ、シャドーに東俊希、左ワイドに藤井智也。そしてGKには大迫敬介。必勝の想いをかけた布陣である。

「敬介が試合に出るのが当たり前のような周囲の雰囲気の中で、林がどう過ごしていたか。彼がどんな努力をして、どんな準備をして、練習場でどんなプレーをし続けてきたか。それを敬介はずっと見ていたわけです。彼にとって林卓人という素晴らしい教科書がいる。ポジションを取り戻すためには練習場でやるしかないことを、卓人から学び、愚直に、ひたむきにやってくれた。絶対にやってくれると信じて、送り出しました」

 開始早々、おっと感じるシーンがあった。深い位置から一気のロングパスで横浜FCの皆川佑介が裏をとったシーン。いや、正確には裏をとりかけた場面と言ったほうがいい。パスが出たその瞬間、大迫は見事なスタートを切ってペナルティーエリア外に飛び出し、クリアでチームを救った。何げないシーンに見えるが、素晴らしいファインプレー。ただ、記者はリーグ中断中のトレーニングマッチのファジアーノ岡山戦で同じようなシーンで飛び出しを躊躇し、失点したことを知っている。

 大迫の魅力は、なんといっても積極性にある。落ち着いてピッチに両足で常に立つ広島GKの伝統を受け継ぎながらも、アグレッシブで攻撃的な守備を仕掛け、ピンチを未然に防ぐことが持ち味だ。だが今季の大迫は、その魅力を十分に発揮できていたとは言えない。ハイボールをキャッチに行くシーンが減り、ポジションも低かった。岡山戦でその傾向が見えていたのだが、修正できていなかったことが大分戦のミスにつながったと言っていい。同点ゴールのシーン、大迫のポジションがあと数メートル高ければ、ハイクロスは余裕を持ってキャッチできていたのだ。

 だからこそ、最初の飛び出しで感じた。

 大迫敬介が戻ってきた、と。

偉大な守護神が示した“伝統” 「先輩たちの行動を自分が表現すれば良かった」

 後半、横浜FCが遮二無二ハイボールを入れてくる。41分、43分、45分。精度の高いボールが入ってきたが、そのすべてを大迫はキャッチし攻撃を終わらせた。ここでさらに確信できた。大迫のストロングポイントが戻ってきたことを。

「大分戦の後で自分が外されることは、覚悟していました」

 大迫は真摯に語った。

「でも、腐ることはなかった」

 この言葉は綺麗ごとではない。

「僕が試合に出ていた時、(林)卓人さんやマス(増田)くん、(廣永)遼太郎くんが、何を示してくれていたか、僕は知っていた。だから自分が試合に出られない立場になった時に、先輩たちの行動を自分が表現すれば良かったから」

 大迫が自分を取り戻した。それだけで、3試合のベンチスタートの価値はある。

 試合前のトレーニングに入る直前、林は大迫の肩をポンポンと叩いて、ピッチに出た。そして試合後、完封勝利に貢献した若者に対し、偉大なる先輩がグータッチで祝福した。

 広島はGK王国。背番号1を背負った4人に大迫も加え、5人もの日本代表GKを輩出している。ただ、広島に入っただけで伝統を受け継ぐことはできない。そこで何を見て、何を感じて、そのうえで何をやってきたか。19年前、ルーキーの林が下田崇から感じたことを実践してきたように、今、大迫は林からあらゆることを感じて、自身の血肉にしようともがいている。

 それが、伝統を受け継ぐということだ。

Football ZONE web編集部