【J番記者コラム】仲川とチアゴ・マルチンスが負傷欠場、柏相手に1-1ドロー

 前年度チャンピオンの横浜F・マリノスが、4連勝中と勢いに乗る柏レイソルを日産スタジアムで迎え撃った。

 この試合、横浜FMは昨季MVP&得点王のFW仲川輝人と、圧倒的なスプリント能力でハイラインディフェンスを支えるDFチアゴ・マルチンスを負傷で欠いた。いわゆる“飛車角落ち”の感は否めず、主力クラスの相次ぐ負傷離脱は、ここまで3勝1分4敗の11位となかなか波に乗り切れない要因にもなっていた。

 対する柏は、前節まで4試合連続得点中で目下のところ得点ランキング独走中のFWオルンガを擁する。横浜FM守備陣が、このケニア人ストライカーの圧倒的なパワーと長いストライドを生かしたスピードに手を焼くことは容易に想像できた。

 アンジェ・ポステコグルー監督が「相手どうこうは関係ない。自分たちのサッカーをやるだけ」と繰り返した通り、横浜FMはキックオフと同時にハイラインをキープ。最終ラインがハーフウェーライン付近に達することも珍しくなく、ボールロストしてもすぐに奪い返せるように高い位置で全体をコンパクトに保っていた。

 得意のポゼッションでゲームを支配した横浜FMは、相手を押し込んだ状態から先制点を狙う。前半23分にはMF天野純が鋭いターンから強烈なシュートを放った。一方、ネルシーニョ監督率いる柏が狙ったのは横浜FM陣内に広がるスペースで、特に両サイドバックの背後を突いてチャンスを作っていく。実際に開始直後の6分にはオルンガが単独で抜け出し、惜しいシュートを放った。

 序盤から互いの色が鮮明に映し出された試合は、横浜FMが犯した一つのミスによって動く。後半17分、柏陣内から放り込まれたアバウトなボールに対応したのはDF松原健だったが、戻りながらバックパスを選択したプレーがまさかのキックミスに。次の瞬間、猛追するオルンガに奪われ、そのまま5試合連続となる今季10ゴール目を献上してしまった。

 本職はサイドバックの松原だが、チームの台所事情を鑑みて前節のベガルタ仙台戦からセンターバックで起用されていた。慣れないポジションの影響か、あるいはオルンガから見えない圧力を感じ取ったのか、いずれにしても拮抗した試合での大きなミスが致命傷となり、試合が動いた。

スタイルを貫いて同点に追いつくも勝ち切れず

 それでも後半33分の同点ゴールは、序盤から相手をポゼッションで押し込んだことが伏線となっていた。途中出場のFWオナイウ阿道が、天野とのパス交換から素早く右足を振り抜く。華麗なパス回しではなく強引とも思える中央突破で、オナイウの意表を突くタイミングでのシュートがゴールネットを揺らした。

 試合はそのまま痛み分けに。横浜FMとしてはスタイルを貫いたうえで同点に追いついたものの、勝ち点3を奪うための決定打を欠いた。それは柏も同じで、オルンガという特異な存在を生かした戦略で先制に成功したまでは狙い通りだったが、勝ち切るには1点では足りなかった。

 冒頭でも触れたように、横浜FMは仲川とチアゴ・マルチンスという攻守の両輪を欠いていた。仮に仲川がピッチにいれば、押し込んだ状態でさらにギアが上がったかもしれない。チアゴ・マルチンスが健在ならば、オルンガの脅威も半減しただろう。勝負の世界に“たられば”は禁物とはいえ、替えの利かない主力クラスの存在の大きさを痛感する真夏の夜となった。

Football ZONE web編集部