英メディア「Dugout」のマーカス・チャン氏は両足キックの精度の高さを称賛

 ビジャレアルに期限付き移籍した日本代表MF久保建英は、シュート練習で左右両足からゴールを決める様子がクラブ公式SNSで公開された。なかでも、利き足とは逆の右足インサイドキックでの正確な一撃が注目を集めており、英メディア編集者は退団したスペイン代表MFサンティ・カソルラ(アル・サッド)の代役として太鼓判を押している。

 2019年夏にFC東京からレアル・マドリードへ完全移籍した久保は、その後マジョルカへの1年間のレンタルが決定。チームは2部降格の憂き目に遭ったが、自身はスペイン挑戦1年目でリーグ戦35試合4得点4アシストと堂々たる成績を残した。そして、欧州のビッグクラブを含めて計30クラブ以上からオファーがあったとされるなか、リーガ・エスパニョーラ5位に入り来季のUEFAヨーロッパリーグ出場権を持つビジャレアルへの期限付き移籍を選んだ。

 20日にはビジャレアル公式ツイッター、インスタグラム、YouTubeで選手たちのシュート練習の模様がアップされたが、最初に登場したのが久保だ。ペナルティーエリア内に駆け込んで右足インサイドでコンパクトに放った一撃は、絶妙なコースに飛んでGKの横っ飛びを寄せ付けずにゴール左下隅に突き刺さった。映像終盤では再び久保に脚光が当てられ、スペイン代表FWパコ・アルカセルからの横パスに左足を振り抜き、グラウンダーのシュートを今度はゴール右下隅に流し込んだ。

 絶妙な“逆足インサイドキック弾”に注目が集まるなか、かつて米スポーツ専門局「ESPN」や衛星放送「FOXスポーツ」に勤め、現在は英メディア「Dugout」のアジア部門編集長・映像編集部リーダーを務めるマーカス・チャン氏は、昨季までビジャレアルに所属した“利き足は両足”というカソルラを引き合いに出して久保のキック力を称えた。

「両足を効果的に使えるヤングプレーヤーを見れるのは素晴らしい。ビジャレアルのファンは先日サンティ・カソルラに別れを告げたが、新シーズンは両足を巧みに使ってピッチで魔法の瞬間を量産するタケフサ・クボという別の選手を目の当たりにするだろう」

 チーム内に新型コロナウイルス感染者が出た影響がなければ、ビジャレアルは現地時間23日にスペイン2部カルタヘナ、25日にスペイン2部テネリフェとフレンドリーマッチを実施する予定となっており、実戦での久保のプレーにも期待が高まる。

Football ZONE web編集部