レスター・シティのイングランド代表DFベン・チルウェルと合意間近

 コロナ禍でも積極的な補強に動くチェルシーが、今度はレスター・シティのイングランド代表DFベン・チルウェルの獲得を決めそうだ。英衛星放送局「スカイ・スポーツ」はクラブ間での合意間近で、来週にも正式発表になる見通しだと報じた。

 チェルシーはすでにアヤックスからモロッコ代表FWハキム・ツィエク、RBライプツィヒからドイツ代表FWティモ・ヴェルナーの獲得を決め、戦力の底上げに成功。新型コロナウイルスのパンデミックで移籍市場全体が縮小傾向になる中でも積極的な補強を行っている。

 現在ではレバークーゼンのドイツ代表MFカイ・ハフェルツ獲得の噂も根強いチェルシーだが、かねてからフランク・ランパード監督が左サイドバックの本命と定めていたレスターのチルウェルの獲得も決定が迫っている。

 「スカイ・スポーツ」によれば、両クラブ間での交渉は進展しており、週明け早々にも正式発表になる見通しだと報じている。加入が実現すれば、ポジションの被るイタリア代表DFエメルソン・パルミエリは移籍となりそうだ。同選手にはインテルからの関心が伝えられている。

 昨季プレミアリーグで4位フィニッシュし、UEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得したチェルシー。4季ぶりのリーグタイトル奪還を目指す“ブルーズ”がマーケットで存在感を放っている。

Football ZONE web編集部