アーセナル戦で待望の移籍後初ゴールを記録「リバプールでベールを脱いだ南野」

 リバプールの日本代表MF南野拓実は現地時間29日、コミュニティー・シールドのアーセナル戦に途中出場し、後半28分に待望の移籍後初ゴールを記録した。スペインメディアも「リバプールでベールを脱いだ南野を見て、クロップは胸を踊らせている」と見出しを打ち、ユルゲン・クロップ監督の期待を高めたと指摘している。

 リバプールは主将のイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンと同DFトレント・アレクサンダー=アーノルドは負傷で招集外となったものの、それ以外は現状のベストメンバーを起用。南野はベンチスタートとなった。前半12分に先制点を献上したなか、0-1で迎えた後半14分、南野を投入したと同時に4-2-3-1システムへと切り替えた。

 そして後半28分、南野に待望の瞬間が訪れる。エジプト代表FWモハメド・サラーの持ち運びからペナルティーエリア内で構えるブラジル代表FWロベルト・フィルミーノへと渡し、ダイレクトで南野へつなぐ。南野はワンタッチでサラーへとパスを送ろうとするが、相手DFに当たり、ゴール前にボールがこぼれる。すかさず反応した南野が右足で押し込んで、貴重な同点弾を奪った。

 今年1月に加入した南野は昨季をノーゴールノーアシストで終えていただけに、待ちに待った歓喜の瞬間だ。スペイン紙「AS」は「リバプールでベールを脱いだ南野を見て、クロップは胸を踊らせている」と見出しを打ち、「クロップは南野がチームに多大な影響力を備えていると確信している」と取り上げている。

 クロップ監督は試合後に初ゴールの南野について、「彼自身にとっても我々にとっても重要な出来事になった。加入以来、唯一欠けていたのがゴールだった」と結果を残したことに対し、安堵のコメントを残していた。試合は1-1の末、PK戦で敗れたものの、新シーズンに弾みをつける一戦とできたのは確かだろう。

Football ZONE web編集部