女子CL決勝のヴォルフスブルク戦で熊谷が圧巻ゴール、3-1勝利で前人未到の5連覇達成

 リヨンのなでしこジャパン(日本女子代表)DF熊谷紗希が、8月30日のUEFA女子チャンピオンズリーグ(CL)決勝ヴォルフスブルク戦に出場し、華麗な一撃でゴールを決めた。3-1で勝利を収めて前人未到の5連覇を達成したなか、なでしこ(日本女子サッカーリーグ)の選手たちから称賛の嵐となっている。

 熊谷は先発出場したなか、リヨンが前半25分にFWウジェニー・ルソメのゴールで先制。そして迎えた前半44分に熊谷が圧巻のプレーを披露した。

 リヨンが攻勢を強めて相手ゴールへ迫り、中央からペナルティーエリアへの侵入を試みる。ボルフスブルクも7人がブロックを形成するなか、こぼれ球に反応した熊谷がエリア外から思い切りよく左足を一閃。相手の間をすり抜けた一撃はゴール右隅にへと吸い込まれた。

 熊谷は両手を突き上げて喜びを露わにし、チームメートたちが次々の駆け寄って上乗りとなり、歓喜の輪が広がった。熊谷がチームの2点目を決め、その後も追加点を奪ったリヨンが3-1と勝利し、リヨンが5連覇の偉業を成し遂げた。

 強烈な存在感を放った熊谷になでしこリーグの選手たちも注目。FW菅澤優衣香(浦和レッズレディース)が「スーパーゴール 誇らしい笑 さき、おめでとー」と祝福すれば、FW泊志穂(AC長野パルセイロ・レディース)が「最強。まじおめ!!!異次元!!!」、DF櫻本尚子(ノジマステラ神奈川相模原)が「リアルタイムでこれは痺れるぞ」と絶賛した。

 男女を併せたCL決勝の舞台で、日本人初ゴールを決めた熊谷。その一撃は多くの人に感動を与えるとともに、なでしこの選手たちの心も震わせたようだ。

Football ZONE web編集部