コミュニティー・シールドのアーセナル戦で移籍後初ゴールを決めた南野「重要なパーツへと飛躍」

 リバプールの日本代表MF南野拓実は現地時間8月29日、コミュニティー・シールドのアーセナル戦に途中出場し、後半28分に待望の移籍後初ゴールを記録した。英メディアは「チアゴ・アルカンタラの必要性は強調されたが、南野は新次元へと導く」と見出しを打ち、リバプールで浮き彫りとなった課題と収穫を取り上げている。

 2019-20シーズンで30季ぶりのリーグ優勝を達成したリバプールは、連覇に向け早々にキャンプイン。今年1月にリバプールへ加入した南野にとって初のプレシーズンとなるが、プレミア開幕に向けた前哨戦となるコミュニティー・シールドのアーセナル戦ではベンチスタートとなった。0-1のビハインドで迎えた後半14分に南野が投入され、それと同時に4-2-3-1の新システムへと切り替えられた。

 すると後半28分、南野にとって待望の瞬間が訪れる。エジプト代表FWモハメド・サラーの持ち運びからブラジル代表FWロベルト・フィルミーノへとボールが渡ると、これがダイレクトで南野へ。南野はワンタッチでサラーにパスを送ろうとしたが、相手DFに当たってゴール前にボールがこぼれ、即座に反応した南野が右足で押し込み貴重な同点弾を奪った。

 最終的には1-1の末、PK戦では4-5で敗れることになったが、英地元紙「リバプール・エコー」は「チアゴ・アルカンタラの必要性は強調されたが、南野は新たな次元へと導く」と見出しを打ち、アーセナル戦でリバプールの課題と収穫の両方が浮き彫りとなったことを指摘している。

 問題点としては中盤の創造性を挙げており、獲得が噂されているバイエルン・ミュンヘンのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラについて、「クロップのシステムに適応するのか一部では懐疑的に見られているが、この日のパフォーマンスで強調されたのは、最高の技術力を備える選手を連れてくる必要性があることだ」と説明している。

 そして、収穫として挙げたのが、南野だ。得点シーン以外にもキレのある動きと華麗な連携を見せていた日本人アタッカーに対し、「リバプールのタイトル防衛に際して、明らかにスタメンではないだろう。それでも、南野はクロップの計画とって非常に重要なパーツへと飛躍を遂げた」と称賛している。トッププレーヤーがひしめくチームで出場機会を確保は厳しい挑戦となるが、新シーズンに向けて確かな存在感を示した。

Football ZONE web編集部