アーセナル戦で移籍後初ゴールを決めた南野 「ロックダウンを上手く利用して、英語の上達に励んだ」

 リバプールの日本代表MF南野拓実は、現地時間8月29日に行われたコミュニティー・シールドのアーセナル戦に途中出場し、後半28分に待望の移籍後初ゴールを記録した。英メディアは「ロックダウン中に南野拓実は何を“賢く”改善したのか?」と見出しを打ち、南野の英語上達に注目している。

 2019-20シーズンに30年ぶりのリーグ優勝を果たしたリバプールは、シーズンの幕開けを告げるコミュニティー・シールドでアーセナル戦と対戦。南野は0-1で迎えた後半14分に投入され、それと同時に4-2-3-1の新システムに切り替えられると、同28分にゴール前にこぼれたボールを右足で押し込み、貴重な同点ゴールを奪った。

 待望の移籍後初ゴールを決めた南野だが、リバプール専門メディア「Rush The Kop」は「ロックダウン中に南野拓実は何を“賢く”改善したのか?」と見出しを打ち、「南野はアーセナル相手に初ゴールを決めた。そして、ロックダウン中に彼が改善のために何をしたのか、ようやく分かった」と取り上げている。

 リバプールの番記者を務めるジェームズ・ピアース氏のコメントを紹介し、「彼はとても大人しくシャイだが、ロックダウンを上手く利用して、英語の上達に励んだ。トレーニングスタッフのフィードバックによると、彼はオン・ザ・ボールとオフ・ザ・ボールで期待されていることで、非常にリラックスできている」と伝えている。

 今年1月に加入した南野は、1年目でプレミアリーグ制覇を経験するも、ノーゴールノーアシストと悔しいシーズンとなった。今季は連覇に向けた重要な戦力として期待されているなか、南野の英語上達が大きな鍵となるのは間違いないだろう。

Football ZONE web編集部