【J番記者コラム】“神奈川ダービー”に1-3で完敗、随所に見え隠れした横浜FMの敗因

 スタメン表を見て、目を疑った人がいたかもしれない。

 首位を快走する川崎フロンターレとの一戦で、横浜F・マリノスは昨季のJリーグMVP&得点王のFW仲川輝人をベンチスタートにした。さらに主将のMF喜田拓也、今夏に加入して左ウイングの先発に定着しつつあったFW前田大然も同様に控えに回る。もともと先発をローテーションさせながら負傷を予防してきた経緯はあるものの、首位を走るチームに待ったをかける布陣としては少々驚きを隠せなかった。

 横浜FMは3日前のルヴァンカップ準々決勝で北海道コンサドーレ札幌と戦い、PK戦にもつれ込む激闘を制した。しかしその試合で仲川はフル出場し、喜田は後半アディショナルタイムまでプレーしている。準決勝進出の代償として、主力選手のプレータイムをコントロールできなかった。

 一方、川崎も同じ日程でヴィッセル神戸と対戦していたが、臨戦過程は大きく異なる。前半だけで3点をリードした川崎は、後半に入ってから主力選手を順番に交代させ、横浜FMと対戦する週末のリーグ戦に早くから備えていった。心身ともに余力を残すことができたというわけだ。

 対戦相手も状況も違うので一概に比較できないが、準備段階の差は少なからずあったかもしれない。試合前の時点でチーム総走行距離の1試合平均が120kmを超えていた横浜FMだったが、この試合では112km台にとどまった。ポゼッションで後手に回ったという事情があるとはいえ、物足りない数字であることは間違いない。

 もっとも横浜FMの敗因は、コンディションとは別の形でも見え隠れした。先制ゴールを決めたMFマルコス・ジュニオールが、「今日に限って言うと、フロンターレのほうが上手だった。チーム全体で連係が取れていて、いいプレーだった」と振り返ったように、随所に川崎の良さが光ったゲームでもある。

 プレッシャーをプレッシャーに感じなければ、それはフリーとほぼ同義だ。横浜FMはもちろん、この試合でもハイプレッシャーをかけていったが、川崎の選手たちにいとも簡単にいなされる。MF天野純はM・ジュニオール同様に「技術的な部分は相手のほうが一枚上手だった」と完敗を認めた。

『前年度王者』という肩書きはもう必要ない

 さらに横浜FMとしては、後半開始直後に立て続けに起きたミスが痛かった。自陣でパスミスを犯したDFティーラトンやDF畠中槙之輔はビルドアップの核となる選手で、パス成功率はとても高い。それだけにミスで自分たちが躓き、さらに相手に勢いを与えたという点で大きく影を落とした。

 1-3というスコアと、アンジェ・ポステコグルー監督が「彼らの勝ちに等しい試合展開だったと思う」と認めた内容は、今日この日に限っては妥当なものだった。もともと頼っていない『前年度王者』という肩書きだが、本当の意味で必要ないだろう。この日、見せつけられた差を埋めるべく、残りのシーズンを戦っていくのみだ。

Football ZONE web編集部