スウェーデン戦の2ゴールで大台突破、ダエイ氏の歴代最多得点も射程圏内

 ポルトガル代表は現地時間8日、UEFAネーションズリーグのリーグAグループ3第2節でスウェーデン代表と敵地で対戦し、2-0で勝利を収めた。この試合でエースのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは全2得点を叩き出し、代表通算ゴール数が「101」と大台に到達。これを受けて自身の公式インスタグラムに、ポルトガル代表で積み上げてきたゴールシーンを収めたスペシャル映像を投稿すると、公開から16時間で再生回数が1000万回を突破した。コメント欄では元同僚のほか、ファンが「唯一のフットボールの神」「史上最高」など祝福の声を寄せている。

 5日の前節クロアチア戦(4-1)を欠場していたロナウドは、スウェーデン戦に先発出場。0-0で迎えた前半45分、ゴール正面約25メートルの位置でFKを獲得すると、強烈な一撃をゴール左に突き刺して代表通算100ゴール目となる先制点を奪った。

 さらに後半27分、左サイドからボールを受けたロナウドは、ペナルティーエリア手前から右足を振り抜き、ループ気味のコントロールショットをゴール右に流し込んで追加点。チームの全得点を叩き出し、35歳となった今も絶対的エースに君臨する貫禄を示した。

 代表通算ゴール数を100の大台に乗せ、「101得点」としたロナウドは、自身の公式インスタグラムを更新。2003年のA代表デビューから最新のスウェーデン戦での2ゴールまで、印象に残る得点シーンが収録された映像が公開された。強烈なヘディング弾や豪快なミドルシュートなど稀代のゴールマシンぶりが詰まった動画は、投稿からわずか16時間で再生1000万回を突破している。

 コメント欄ではレアル・マドリード時代の名パートナーだったブラジル代表DFマルセロが、100点満点の絵文字で祝福。マンチェスター・ユナイテッドで共闘した元イングランド代表DFリオ・ファーディナンド氏も「信じられない」と綴って称えた。また海外ファンからも「キング」「史上最高」「ファンタスティック」「唯一のフットボールの神」など、多くの祝福コメントが殺到している。

 代表戦での歴代最多ゴール記録は元イラン代表FWアリ・ダエイ氏が持つ109ゴールだが、衰えを知らないどころか、30代に突入してなおストライカーとして“進化”しているロナウドにとっては、新記録樹立は十分射程圏内と言えるだろう。

Football ZONE web編集部