仙台対G大阪での判定を紹介 番組での説明にはやや不足していた部分も

 先日、JFA審判委員会が新競技規則について中間報告があったなか、再び「ハンドの反則」で話題となるシーンがあった。16回目の配信となるスポーツチャンネル「DAZN」の『Jリーグジャッジリプレイ』では、“支え手”のハンドに関する場面を紹介。そのとき主審が示したジェスチャーにも注目しつつ、判定までの流れに迫った。

 問題のシーンはJ1第14節、ベガルタ仙台対ガンバ大阪の後半27分だった。仙台の右サイドからのクロスが入り、流れたところをペナルティーエリア内で仙台FW西村拓真が折り返す。そこでスライディングでブロックに行ったG大阪MF小野瀬康介の右手に当たり、仙台側はハンドをアピールしている。

 飯田淳平主審は、抗議する仙台の選手に対して“手で地面を支える”ような仕草を見せ、ノーハンドの判定を下している。これは小野瀬の右手が「身体を支えるための手」であることを伝え、ハンドに該当しないことを示しているようにも見えた。

 競技規則は「体を支えるための手や腕が体と地面の間にある」場合、ハンドの反則にはならないとしている。小野瀬の右手が、スライディングする際の“支え手”であったことは確かだ。一方で、ボールが当たる際に手のひらが返っているように見えるという意見もあり、“支え手”がどこまで許されるのかは難しい点となっている。

 番組では、どこまでを“支え手”の範囲とするかは非常に難しい判断だとしつつ、競技規則上で明確な記載がないことも指摘されている。出演者それぞれが選手の動きについて様々な意見を述べたが、最終的に「支え手と見るしかない」と、ジェスチャーも使用しはっきり判断を下した主審の判定を支持する形となった。

 ただ、“支え手”の項では例外として「ただし、体から横または縦方向に伸ばされていない」とも記載されている。こちらも範囲の解釈が難しい。今回のケースがそれに該当するかは不明だが、このあたりへの言及も必要だったのではないだろうか。

「ちゃんと見ている」ということを示す主審の“ジェスチャー”

 仙台対G大阪の試合中の判定に注目すると、飯田主審のジェスチャーは視聴者目線でも分かりやすく映った。試合前半にもハンドの判定の際、飯田主審が状況をジェスチャーによって示した場面があり、番組で紹介されている。

 同試合の前半39分、仙台のCKの場面。中継では最後にボールをコントロールしようとしたFWアデミウソンのハンドと推測した。しかし、東京都サッカー協会審判委員長を務める牧野明久氏は、飯田主審が腕を上げるジェスチャーをしていることを指摘。これは、ハンドの対象がアデミウソンではなく、先に腕を上げてヘディングの競り合いに行った小野瀬だったことを伝えようとしていると考察した。

 選手に明確な説明をする必要があるとき、これらのジェスチャーは「ちゃんと見ている」という意思表示にもなっている。正確に判定を伝えるためのこういった工夫は、選手との円滑なコミュニケーションを図るための一部でもあるのだろう。

 冒頭のシーンは判定の困難なシチュエーションであり、明確な“正解”を出すことが難しい部分もあった。JFAによれば、そうしたシーンでもより判定を正確にしていくために、審判団はオンラインでの試合後の意見交換、月1回ほどの勉強会を実施しているという。今回取り上げられた主審の“ジェスチャー”も、そうした日々の積み重ねが生んでいるのだろう。視聴者としても理解を深め、正しい視点から判定の是非を問うていきたいところだ。

Football ZONE web編集部