ドイツ代表DFボアテングが紫色のヘアスタイルで合流「1人の選手が際立っていた」

 バイエルン・ミュンヘンは昨季三冠を達成し、圧倒的な強さを誇示した。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝の激闘からわずか3週間で新シーズン開幕に向けて始動しているが、ドイツ代表DFジェローム・ボアテングの斬新なヘアスタイルに注目が集まっている。

 昨季バイエルンはブンデスリーガで前人未到の8連覇、DFBポカール連覇、そしてCLでは7年ぶりの優勝を果たし三冠を達成した。あらゆる大会で圧倒的な強さを誇示したバイエルンだが、8月23日のCL決勝からわずか3週間で新シーズン開幕に向けて始動している。

 そんななか、紫色に染め上げた斬新なヘアスタイルで登場したボアテングに海外メディアは注目。ブラジルメディア「グローボ・エスポルチ」は、公式インスタグラムで「シーズン直前の再合流で、ボアテングは異端な紫色の髪型で登場した」と写真を添えて投稿している。

 またUAE紙「ザ・ナショナル」は「バイエルンのスター軍団は申し分ないが、トレーニングでは1人の選手が際立っていた。紫の髪色と鋭いヘアカットは、見落とすほうが困難だった」と取り上げている。過密日程のなかで迎える新シーズンとなるが、ボアテングなりの心機一転のスタイルだったのかもしれない。

Football ZONE web編集部