【スペイン発】チームを長年追うフランク記者が期待する久保の能力

 日本代表MF久保建英が所属するビジャレアルは、現地時間13日に同FW岡崎慎司が所属するウエスカとのリーガ・エスパニョーラ開幕戦に臨む。新シーズンの戦いに大きな期待が寄せられているビジャレアルは今夏、欧州の名だたるクラブの監督を歴任し、セビージャではUEFAヨーロッパリーグ(EL)3連覇を達成したウナイ・エメリ監督を招聘。欧州カップ戦での初の決勝進出、もしくはビジャレアルにとって初となるタイトル獲得に向けた“切り札”だ。

 そんな指揮官の下で、今季期限付き移籍で加入した久保はどんなことを求められ、期待されているのか。ビジャレアルを長年追い続けるスペインラジオ局「オンダ・セロ」のビクトル・フランク記者に話を聞いた。

 元アルゼンチン代表MFフアン・ロマン・リケルメ、同DFフアン・パブロ・ソリン、元スペイン代表MFマルコス・セナ、同DFジョアン・カプデビラ、元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルラン、同DFディエゴ・ゴディン……。ビジャレアルの歴史を彩る名手たちを目にしてきたフランク記者にとって、久保のプレーはどのように映るのだろうか。

「彼の武器は高いクオリティー、局面を打開するプレー、ここでよく評される“マヒア”(魔法)というものですね。エリア近くでパスを受け、他の選手が見られないスペースやFWへラストパスを出したり、わずかなスペースでもドリブルでこじ開け、何もないところから危険な場面をつくる。特に閉じられたディフェンスを前にしても、決定機をつくれる能力だと思います。

 ビジャレアルはチームとして、いいフットボールをしています。ですが、相手ゴール前の堅いディフェンスを上回る能力を備えている選手はとても少ないです。同時に、そのような能力がある選手を見つけ、手にするのは難しく、お金もかかります。久保には、そうした“マヒア”があります」

 昨シーズンを5位で終えたビジャレアルを語るうえで、欠かせない選手がいる。元スペイン代表MFサンティ・カルソラだ。2008年欧州選手権の優勝メンバーは、昨季リーガで35試合11得点10アシストを記録した。カタールのアル・サッドに新天地を求めた35歳アタッカーのプレーも、“マヒア”と評された。久保はカルソラの穴埋めを求められるのだろうか。

競争の激しい攻撃陣、カソルラがいた昨季より「良いチームになる」

「カルソラの不在を寂しく思うのは間違いないでしょう。彼はビジャレアルにおいて、最高の選手でしたし、リーガにおいても素晴らしい選手でしたから。ですが、ビジャレアルはいい補強をしました。新加入選手たちによくある退団した選手との比較も人々の間で起こらないと思います。久保はカルソラとは違う、パレホも違います。彼の退団は全体で補えるでしょうし、今のビジャレアルは昨シーズンのカルソラがいたチームよりも、良いチームになると思います」 

 カソルラの代わりになる選手はいないと断言したフランク記者だが、効果的な補強により全体の戦力は上がっていると期待を口にした。そんなチームにおいて久保が自らの居場所を確保できるのかとの問いには、「久保はとても大事な役割を担い、高いレベル、パフォーマンスを維持するのであれば、大半の試合でスタメン出場すると思います」と語ったうえで、次のように続けた。

「ビジャレアルは今シーズン、多くの試合を抱えています。リーガ、国王杯、そしてELです。さらに今シーズンも1試合の交代枠が5人となり、試合中にも多くの交代が行われるでしょう。ビジャレアルは多くの素晴らしい選手を抱えています。昨シーズンのマジョルカのような状況ではありません。一つのコンペティションのために、スタメンが固定されるわけではありません。ビジャレアルにはジェラール・モレノ、パコ・アルカセル、(サムエル・)チュクウェゼがいます。替えがきかない固定されたスタメンになるのは考えにくいですし、そもそもそういう選手は今シーズンは現れないと思います」

 アタッカー陣の競争は激しく、絶対的なレギュラーは存在しない――。新型コロナウイルスの影響によって5人交代制も維持されたことで、選手の起用法や組み合わせ方も多彩になるとフランク記者は指摘している。

 実際にエメリ監督は、開幕前に行われたプレシーズンマッチ5試合で様々なパターンをテストしてきた。久保も左右のサイドハーフと、トップ下でプレー。昨季のマジョルカでは、リーグ終盤戦に右サイドアタッカーとして輝きを放ったが、ビジャレアルにおける“最適ポジション”はどこなのかという問いに対し、フランク記者はこう答えた。

「久保はセカンドストライカーより、攻撃的MFとしてプレーする機会が多くなる」

「私は二つのポジションだと考えています。2人のFWが起用される時は、彼はその2人の背後のポジションでプレーします。プレシーズンでも少し見られたと思います。(4-4-2の攻撃的MFの左右の2枚を)久保とチュクウェゼが務めていました。相手ディフェンスのバランスを崩すことを担い、特に2人のFWへのアシスト、得点機会を演出する役割です。起用されるFWが1枚の場合は、その背後のもう1人のFW(4-2-3-1の3の真ん中)の役割が任されると思います。

 ですが久保は、セカンドストライカーよりも攻撃的MFとしてプレーする機会が多くなると思います。なぜならジェラール・モレノとパコ・アルカセルの2人が、FWのスタメンとしてプレーすることが多いからです。そのため久保は、中盤でプレーをつくるパレホとの理解を深めないといけないでしょう。またチュクウェゼとの関係も然りです。攻撃で同じ役目を担いますし、2人のFWとの関係も重要です。特にジェラール・モレノですね。彼はFWですが、中盤との連係が良く、ボールを受けに中盤に下がってきますけど、前線でのボールの受け方もいい。

 大事なのは、マジョルカとは彼を取り巻く選手たちが大きく違う点です。すべての選手がボールタッチに優れ、プレーをとても良く理解しています。マジョルカではボールを持つ時は、久保がすべてをしなければなりませんでした。これは大きな違いです」

 タイトル獲得に向けて、強化を進めるビジャレアルのメンバーには実力者が揃う。状況に応じて左右の攻撃的MFとトップ下での起用が見込まれる久保にとっては、昨シーズンよりもやりやすい部分も多いだろう。同時にチームの目標は高く、故に個々にも結果が求められる。周囲からの要求も高くなる新天地で、久保はどのような“マヒア”を見せるのだろうか。

Football ZONE web編集部