チームトレーニングから外れ、個別でメニューを消化

 レアル・マドリードからの退団が噂されているウェールズ代表FWギャレス・ベイルには、マンチェスター・ユナイテッド移籍の可能性が浮上している。レアルから“消された”ベイルの命運は、ドルトムントに所属するイングランド代表MFジェイドン・サンチョの動向に懸かっているようだ。英紙「デイリー・ミラー」が特集している。

 ベイルはジネディーヌ・ジダン監督の構想外となり、新型コロナウイルスによる中断期間が明けた今年6月以降は公式戦でわずか2試合にしか出場していなかった。

 すでに新シーズン開幕が目前となっているが、レアル内でのベイルの立ち位置は微妙なままだ。昨夏は中国移籍目前に迫るも、レアルが放出を拒否したとベイル自身が明らかにしていた。このままチームに残っても、引き続き“飼い殺し”状態となる可能性もある。

 こうした状況について、英紙「デイリー・ミラー」は「ギャレス・ベイルはレアル・マドリードによって“消された”。彼らはマンチェスター・ユナイテッドへの移籍を祈願している」との見出しで報じた。

 ベイルは現在チームトレーニングから外れ、ジムでの個別トレーニングなどを行っているが、エデン・アザールやイスコなどがジムでトレーニングしている様子はクラブのSNSなどでも公開されている一方で、ベイルの様子は公開されずに“無視されている”という。

 また、ベイルのユニフォームなどのグッズもクラブショップのディスプレーから撤去。ベイルの背番号11のユニフォームは販売されているものの、プロモーション素材にベイルの姿はなく、チームから消えた存在となりつつある。

マンUがサンチョ獲得に失敗した場合、第2候補のベイルにチャンスか

 スペイン紙「スポルト」によれば、レアルはマンチェスター・ユナイテッドがベイルの唯一の移籍先だと考えており、今夏の移籍が成立することを祈願しているという。一部報道では、レアルは給与の半分を肩代わりする準備があるとも言われている。

 そのユナイテッドは、アタッカーとしてドルトムントのサンチョをトップターゲットと定めている。ドルトムントからの1億2000万ユーロ(約150億円)という要求額に二の足を踏んでいるが、条件面で個人合意に達しているとの報道もある。

 ベイル売却を望むレアルとしてはユナイテッドがサンチョの獲得に失敗し、セカンドチョイスのベイルに方針転換することを望んでいる。記事では、「彼ら(レアル)はサンチョの移籍が破談に終わり、新たなアプローチがあることを期待している。ユナイテッドからのオファーが“最後の希望”になると考えている」とされている。

 今年の夏のマーケットは10月5日が期限で、残りは約3週間。宙ぶらりんの状態が続くベイルの去就問題はどのような決着を見るのだろうか。

Football ZONE web編集部