「売り」の動きを見せる今夏のレアル、ベイルも放出すれば給与分も大幅に節約

 レアル・マドリードは今夏の移籍市場でコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスら選手の売却に積極的に動いており、すでに計1億ユーロ(約124億円)以上を調達している。スペイン紙「マルカ」は、来夏にパリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペを獲得するための布石だと報じている。

 スペイン王者レアルは今夏の移籍市場で「買い」よりも、「売り」の動きを積極的に見せている。目立った新戦力はここまでレンタルバックのノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールのみで、昨季ドルトムントでブレークしたモロッコ代表DFアクラフ・ハキミを4000万ユーロ(約49億円)でインテルへ、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲスを2500万ユーロ(約31億円)でエバートンへと放出している。

 さらに、8月にスペイン代表デビューしたMFオスカル・ロドリゲスも1350万ユーロ(約17億円)でセビージャに完全移籍。そのセビージャへの期限付き移籍で、昨シーズンに台頭したスペイン代表DFセルヒオ・レギオンはトッテナムへ移籍することが濃厚となった。その移籍金は3000万ユーロ(約37億円)と伝えられている。

 それに加えて、元U-19スペイン代表DFハビ・サンチェス(→バジャドリード)、U-21スペイン代表FWダニ・ゴメス(→レバンテ)、スペイン人FWホルヘ・デ・フルートス(→バジャドリード)と下部組織出身者3人の売却で計850万ユーロ(約11億円)を捻出。ビジャレアルに貸し出した日本代表MF久保建英のレンタル料250万ユーロ(約3億1000万円)も合わせると、今夏に選手の放出で計1億1950万ユーロ(約148億円)を調達することになる。

 ウェールズ代表FWギャレス・ベイルのトッテナムへの期限付き移籍も迫っており、その給与分を大幅に節約することも可能となる。

スペイン紙は来年のビッグネーム獲得に備えた動きと指摘

 今夏の新戦力獲得の可能性はまだ残っているが、スペイン紙「マルカ」は「この懸命な資金調達のキャンペーンは、彼らが最も欲しがるキリアン・ムバッペを2021年に獲得する助けになるだろう」と記し、来年のビッグネーム獲得に備えた動きだと指摘している。

 ムバッペはPSGとの契約が2022年までとなっており、契約が残り1年を迎える来夏の動向が注目されている。今年は新型コロナウイルス流行の影響により財政面で打撃を受けたが、“白い巨人”は意中のストライカー獲得に向けて着実に準備を進めているようだ。

Football ZONE web編集部