ビジャレアル戦の前半にGKのロングキックからビッグチャンスをつかむ

 スペイン1部エイバルに所属するMF乾貴士は、現地時間19日に行われたリーガ・エスパニョーラ第2節でMF久保建英が所属するビジャレアルと敵地で対戦。先発フル出場を果たし、先制点の起点にもなったが、チームは1-2と逆転負けを喫した。そうしたなか、リーガ公式ツイッター日本語版などは前半に乾が見せたスーパープレーに注目。惜しくもゴールは奪えなかったものの、「神がかった見事なトラップ」と卓越した技術を称えている。

 試合3日前にエイバルに期限付き移籍したばかりのFW武藤嘉紀と、ビジャレアルの久保がベンチスタートとなるなか、乾は左ウイングとして2試合連続のスタメン出場。得意のドリブルで何度もチャンスを作り、チームの攻撃にアクセントを加えた。0-0で迎えた後半5分には、センターライン付近でこぼれ球を拾いMFエドゥ・エスポジトにつなぐと、最後はFWキケ・ガルシアが相手GKをかわしてシュートを流し込み、乾のパスを起点に先制点が生まれている。その後2点を奪われ、チームは1-2で敗れたが、フル出場を果たした乾自身のパフォーマンスは決して悪くなかった。

 この試合における最大のハイライトは、前半21分のワンプレーだ。ビジャレアルの左CKのクロスを直接キャッチしたエイバルGKマルコ・ドミトロビッチは、すぐに左サイドの最前線に走り出した乾にパントキックでパスを供給する。50メートル以上を飛んだこのボールを、乾は縦に走りながら右足アウトサイドで巧みにトラップ。2タッチ目で縦に持ち出すと、相手DFアルフォンソ・ペドラサを振り切ってカットインしたが、シュートはビジャレアルGKセルヒオ・アセンホの好守に阻まれた。

 このワンプレーを、リーガ公式ツイッター日本語版は動画付きで紹介し、「神がかった見事なトラップ」と称賛。エイバルの公式ツイッター日本語版も「乾選手の神トラップ 決まればスーパーゴールでした!」と綴っている。また、DAZN公式ツイッターも「#乾貴士の天才的プレー 驚愕のコントロールをリプレイ付きでもう一度 何度でも見たくなるような、すごすぎるトラップ」と記し、映像を投稿した。

 今季スペインで6シーズン目を迎えた乾。19歳久保のプレーが国内外で大きな注目を集めるなか、32歳になった稀代のテクニシャンが“日本人対決”で確かな輝きを放った。

Football ZONE web編集部