【あのブラジル人元Jリーガーは今?】ルーカス(元FC東京、G大阪):前編――引退を経てFC東京へ熱意の復帰

 ブラジル人FWルーカスは、FC東京でのナビスコカップ(現ルヴァンカップ)や天皇杯、ガンバ大阪では2度の天皇杯とAFCチャンピオンズリーグ(ACL)など、数々のタイトルの原動力となったストライカーだ。ブラジルでは、現役時代の活躍はもちろん、2度の引退を経験した経歴でも有名である。

 ブラジルでも3クラブでプレーし、特にアトレチコ・パラナエンセでは2度のパラナ州選手権優勝に貢献した。2004年に日本へ渡り、7年間を過ごしたのちに11年に古巣アトレチコ・パラナエンセへ復帰したが、「数試合続けて納得いくプレーができなかった。それで、自分に正直になろうと思って引退を決めたんだ」と振り返る。

 32歳の功労者の決断は尊重され、クラブでは引退セレモニーが行われた。ホームスタジアムのピッチにルーカスが家族とともに登場すると、クラブ首脳陣から感謝の盾と記念のユニフォームの贈呈。背番号は彼がこのクラブで決めたゴール数の「61」だ。そして、スタンドに響く“ルーカス・コール”の中で、ウィニングラン――。感動的なものだった。

 FC東京復帰の話が届いたのは、その引退から2カ月後のことだった。

「難しい決断だった。クラブ(FC東京)はJ2で厳しい状態にあって、1年でJ1に戻るために、ピッチの内外で本当に力になれる選手を必要としていたんだ。その依頼を名誉に感じたとはいえ、僕もどれだけ手伝えるか分からなかったからね。プレッシャーから解放されて、精神的にも引退していたし、ビジネスまで始めていた。だけど、クラブの人たちと話せば話すほど、彼らのJ1復帰を信じて戦うんだという気持ちが僕の意欲を掻き立てた。だから、シーズン残り5カ月間、それだけやってみようと。

 それにあの年(2011年)、東日本大震災があってとても心配していたんだ。だから、僕のサッカーによって日本の人たちに少しでも喜びを与える手助けができたらって、それも大きかった。決断した後はすべてが上手くいったよ。その年をJ1復帰で終えた後、僕のモチベーションも高まって、さらに2年間プレーできた。あの機会を感謝するばかりだ」

ビジネスマンとして手腕を振るいつつ、運営管理の講座を受けるなどサッカーにも携わる

 ルーカスは現在、サッカーとは異なる分野で手腕を振るっている。

「住宅やマンションを建設して、販売するという会社をやっているんだ。すごく研究してからスタートしたおかげで、上手くいっているよ」

 住まいのあるサンパウロ州内や、他の州にも支社を作り、経済関係のサイトで「サッカー選手からビジネスマンへ」といった成功例として特集されるほどの成長を続けている。

「今年は新型コロナウイルスのせいで仕事が減ったのは確かだけど、それでも忙しくやっているよ。今はホームオフィスにして、オンラインで24時間体制(笑)。子供と過ごす時間以外は、仕事をしている状況だ」

 その一方で、ルーカスはサッカーとも関わり続けている。

「ブラジルで有名なメジーナのサッカー大学というのがあって、引退後はそこでサッカーの運営管理についての講座を受けた。その後、“ダイリニン”…あ、間違えて日本語で言っちゃった(笑)。代理人の仕事についても勉強した。だから、クラブの運営や国際的な代理人業も人生のプロジェクトの一つだ。とりあえずは、軌道に乗っている今の仕事をしながら、そのチャンスをうかがっているというところさ。指導者や監督は無理だな。子供たちの世話で“イッパイ、イッパイ”だから(笑)」

 真面目でほがらかなルーカスには友人も多く、コロナ禍による外出規制の最中には、かつてのサッカー仲間に誘われて、ソーシャルネットワークサービスでのライブなどにも参加している。

 2000年からのレンヌ(フランス)時代のチームメートだった元ブラジル代表FWルイス・ファビアーノは、今でも「日本」と聞くとまずルーカスを思い出すと言い、「大親友。僕はルーカスのファンなんだ。一緒にいた頃が懐かしいよ」とよく話している。

 ルーカスはメディアにもよく登場する。母国でのプレーや、ブラジル代表として参加したシドニー五輪が話題となるなか、日本での通算9年半を語る時はブラジル向けのインタビューであっても、「選手として最高の年月だったし、日本にアイデンティティーを感じている」と語る。

「引退した後も、FC東京やガンバ大阪が主催する日本でのイベントに招待されたり、2014年にはJリーグ功労選手賞を受賞したんだ。幸せだよね。僕の人生は、すごく価値あるものになった」

「あの9年半があってこそ、今の僕があるんだ」

 それほどまでに日本を愛するルーカスにとって、日本とJリーグは何を意味するのか。

「ふーっ……。最高の質問だ。僕にとっては“すべて”だから。日本に行ったから、僕はもっと良い人間になれた。もっと責任感のある人間になれた。もっと礼儀正しくなれた。日本の人たちは、僕がもともとそういう人間だと思ってくれていたかもしれないけど、実際は全然違ったんだよ。だから、人としての成長、人生の再スタートを意味する。あの9年半があってこそ、今の僕があるんだ」

 そんなルーカスから、愛する日本へのメッセージがある。

「サポーターのみんなには、いつでも感謝をしている。本当に、いつもだ。今はSNSのおかげで、もう少し近く感じられるのがいいよね。時々サプライズを受け取るんだよ。サポーターが写真を送ってくれたり、僕のことがサイトか何かに出ていたら、そのリンクを送ってくれたり。そういうやりとりにも、みんなの愛情を感じるし、僕も大きな愛情を抱いている。それから、日本の人たちはその歴史のなかで、どんな困難も乗り越えてきたように、今の新型コロナウイルスに関しても、世界のどこよりもきちんと乗り切りつつある。パンデミックはいつか必ず終わる。だから、するべき注意を続けてみんなで頑張ろう!」

Football ZONE web編集部