クーマン新監督の構想外となり、ライバルのアトレティコへ電撃移籍が決定

 ウルグアイ代表FWルイス・スアレスは現地時間23日、バルセロナを退団して同じスペイン1部のアトレティコ・マドリードへ移籍することが決定した。会見では人目をはばからず涙したが、元同僚MFアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)も「バルサにとって欠かせない選手でした!」と惜別のツイートを送っている。

 リバプールでの活躍の後、2014年にバルセロナに加入したスアレスは、在籍6年間でピチーチ賞(リーグ得点王)1回、ヨーロッパ・ゴールデンシュー2回を獲得するなど得点源として活躍。リオネル・メッシ、ネイマール(現パリ・サンジェルマン)との強力3トップはそれぞれの頭文字をとって「MSN」の愛称で親しまれた。

 しかし、今季就任のロナルド・クーマン新監督によってスアレスは戦力外となり、6年間過ごしたバルセロナを離れることが決まった。新天地にはユベントスが有力視もされたが、イタリア国籍取得が障壁となり、一転してアトレティコへの移籍で決着した。

 スアレスは現地24日、退団会見で「すべて予想外だし、何を言っていいか分からない」と涙ながらに胸中を明かした。

 バルセロナの下部組織「ラ・マシア」で育ち、トップチーム昇格後も長年主力として活躍した元スペイン代表MFイニエスタは、自身のツイッターで2014-15シーズンから4年間共闘したスアレスにメッセージを送った。

「貴重な時間を過ごせて感謝します! バルサにとって欠かせない選手でした! 幸運を願います」

 イニエスタにとっても、スアレスは特別な戦友の一人だったようだ。

Football ZONE web編集部