“オール海外組”となる10月の代表メンバーが発表

 日本サッカー協会(JFA)は1日、オランダ・ユトレヒトで行われる国際親善試合カメルーン戦(9日/日本時間午後9時)とコートジボワール戦(13日/日本時間午後11時45分)に臨むメンバー25人を発表し、オンラインで会見を実施した。新型コロナウイルスの影響もあり、初めて国内組は招集せず、海外組だけで構成。A代表常連となるMF久保建英(ビジャレアル/スペイン)を始め、東京五輪世代は7人選出された。そのなかで、ベテランの34歳FW岡崎慎司(ウエスカ)の選考に至った理由を明かした。

 日本代表にとっては、昨年12月のE-1選手権以来10カ月ぶりの活動となる。新型コロナウイルス感染拡大により、年内のワールドカップ(W杯)予選は延期。9月に入ってから今回のオランダ遠征の計画が明らかとなり、準備を進めてきた。

 メンバーは入国制限の問題などもあってJリーグで戦う国内組は招集せず、日本代表史上初となる海外組だけの編成となった。DF菅原由勢(AZ/オランダ)が唯一のA代表初選出。対戦相手はカメルーン(FIFAランキング53位)、コートジボワール(同61位)とともにアフリカの強豪との連戦。コロナ禍での開催となるが、来年のW杯予選再開に向けて、森保一監督率いる日本代表にとっては願ってもない強化の機会となる。

 そうしたなか、昨季スペイン2部で活躍し、今季から1部に昇格を果たしたウエスカに所属する岡崎が、昨年6月のコパ・アメリカ以来に招集された。ベテランとして期待される岡崎が今回メンバーに加わった理由を、森保監督が明かした。

「年齢では選んでいない。岡崎に関してはリーグの状況で置かれている立場は変わったかもしれないが、チーム内で結果を出していることと、攻守ともに存在感あるプレーをしていることで選考に至った」

 今季初ゴールはまだだが、ウエスカでここまでリーグ戦4試合連続スタメンを飾っている岡崎に期待する部分は大きいようだ。

Football ZONE web編集部