“オール海外組”となる10月の代表メンバーが発表

 日本サッカー協会(JFA)は1日、オランダ・ユトレヒトで行われる国際親善試合カメルーン戦(9日/日本時間午後9時)とコートジボワール戦(13日/日本時間午後11時45分)に臨むメンバー25人を発表し、オンラインで会見を実施した。新型コロナウイルスの影響もあり、初めて国内組は招集せず、海外組だけで構成。A代表常連となるMF久保建英(ビジャレアル/スペイン)を始め、東京五輪世代は7人選出された。そのなかで、反町康治技術委員長は、11月にも代表活動を行うプランを明かした。

 日本代表にとっては、昨年12月のE-1選手権以来10カ月ぶりの活動となる。新型コロナウイルス感染拡大により、年内のワールドカップ(W杯)予選は延期。9月に入ってから今回のオランダ遠征の計画が明らかとなり、準備を進めてきた。

 メンバーは入国制限の問題などもあってJリーグで戦う国内組は招集せず、日本代表史上初となる海外組だけの編成となった。DF菅原由勢(AZ/オランダ)が唯一のA代表初選出。対戦相手はカメルーン(FIFAランキング53位)、コートジボワール(同61位)と、ともにアフリカの強豪との連戦。コロナ禍での開催となるが、来年のW杯予選再開に向けて、森保一監督率いる日本代表にとっては願ってもない強化の機会となる。

 今年初めての代表活動となるなかで、会見に出席した反町技術委員長は11月にも代表合宿を行う方向で調整を進めていると明かした。

「11月の活動もできればしたいというところでプランを作っている。それがあった場合を含めながら、スタッフの移動を考えていかなければいけない」

 今回は日本に帰国時に2週間の自主隔離があることから、同行する7人のスタッフについての対応も考えていく必要があるとした。延期となっているカタールW杯アジア予選の再開に向けて、コンセプトの落とし込みを入念に行う予定だ。

Football ZONE web編集部