ミランから31〜37億円のオファーが届けば、ボローニャは冨安を放出か

 ボローニャの日本代表DF冨安健洋は、10月5日に終了する移籍市場の最終盤でセリエAの名門ACミラン行きが噂される。地元メディアでは、コロナ禍による経済的な打撃もあり、条件を満たした場合はクラブも放出に踏み切る可能性もあることを指摘している。

 冨安は2019年夏にベルギー1部シント=トロイデンからボローニャへ移籍。同年10月に左大腿二頭筋、終盤戦で右太ももを痛めて離脱した期間はあったが、右サイドバックのレギュラーとしてリーグ戦29試合に出場し、1ゴールを記録した。

 2020-21シーズンは開幕2試合をセンターバックでプレーしたなか、ミランの補強候補の1人として名前が浮上。ボローニャのスポーツ・ディレクターを務めるリッカルド・ビゴン氏は「私たちは冨安を売りたくない」と明言していたが、ボローニャの地元紙「イル・レスト・デル・ボローニャ」は「ボローニャ、トミヤスも予算も守る」との見出しでレポートしている。

「日本人選手は2500万ユーロ(約31億円)が支払われた場合のみ、チームを去る。ロッソネリ(ミラン)が2500万ユーロから3000万ユーロ(約37億3000万円)のオファーを提示した場合、日本人の“犠牲”が必要になるだろう。10月は株主総会の月だ」

 記事では、10月は株主総会でクラブの経営状況も踏まえた話し合いが行われるため、ボローニャが設定した移籍金の条件を満たせば、冨安放出の可能性も少なからずあると見立てている。

 また、ボローニャ専門ニュースサイト「トゥットボローニャ・ウェブ」は「トミヤスが去ると、リャンコ獲得が難しい。日本人が去った場合、ブラジル人が代役になるかもしれないが…。ボローニャが移籍市場の最終日までに交渉をまとめるのは難しいだろう」と言及。2018-19シーズンにレンタルで所属していたトリノのブラジル人DFリャンコが、冨安が抜けた際の“補填候補”になる可能性もあるという。

 イタリア2年目を迎えた21歳の冨安は、将来性も高い注目銘柄として海外でも熱視線が送られている。

Football ZONE web編集部