1年4カ月ぶりの代表復帰を果たすも、3日のエルチェ戦で左太もも裏を痛めて負傷交代

 日本サッカー協会(JFA)は4日、10月のオランダ遠征の日本代表メンバー25名に選出されていたFW岡崎慎司(ウエスカ)が怪我のために不参加となることを発表した。

 森保ジャパンは、オランダのユトレヒトでカメルーン(9日/日本時間午後9時)、コートジボワール(13日/日本時間午後11時45分)と国際親善試合を行う。1日にメンバー25名が発表され、“オール海外組”で構成されたなかに34歳のFW岡崎も名を連ねた。

 昨季スペイン2部でウエスカ1位の12ゴールを挙げ、1部昇格に貢献した岡崎は、昨年6月のコパ・アメリカ(南米選手権)以来となる代表復帰。ウエスカ公式インタビューで「久しぶりに代表でプレーできる喜びを、プレーで、結果で証明したいと思う。日本代表でプレーすることは自分のモチベーションの一つなので、行くだけじゃなく、しっかり結果を残して、自分がどれだけやれるかを証明したい」と意気込みを語っていた。

 しかし、岡崎は現地時間3日に行われたリーガ・エスパニョーラ第5節エルチェ戦(0-0)で前半40分に左太もも裏を痛めて途中交代。状態が危ぶまれていたなかで、今回の代表不参加が発表された。

 岡崎の不参加を告げる日本代表公式ツイッターの投稿には、「ショックすぎる」「まじか」「久しぶりに代表の岡崎見たかった」とファンも落胆の色を見せていた。
 

Football ZONE web編集部