鎌田大地が1年ぶりに代表合宿に参加 フランクフルトで好調をキープ

 日本代表は7日、オランダ・ユトレヒトで行われる国際親善試合カメルーン戦(9日/日本時間午後9時)とコートジボワール戦(13日/日本時間午後11時45分)に向けて、現地で合宿3日目を迎えた。今回は新型コロナウイルスの影響もあり、初めて国内組は招集せず、海外組だけで構成。昨年12月のE-1選手権以来10カ月ぶりの活動となる。MF鎌田大地は、フランクフルトで同僚の元日本代表MF長谷部誠からの助言について“真相”を明かした。

 鎌田にとっては1年ぶりの代表活動。昨季ドイツ1部フランクフルトにレンタル復帰し、リーグ戦は28試合2得点、UEFAヨーロッパリーグ(EL)では10試合6得点という結果を残した。成長を実感して臨む今回の代表2連戦。中盤から前線まで柔軟にこなす24歳は、与えられたポジションで結果を出していく覚悟だ。

「今まで(代表で)FW登録だったのがMF登録になっているなと思ったけど、練習もしていないので自分がどこでやるのかも分からない。そのあたりは要求されたポジションを頑張ってやりたい」

 クラブでは、長年日本代表を主将として牽引してきた頼れる長谷部がいる。フランクフルトでともにプレーする大先輩は、時にメディアを通して鎌田に愛を込めて「厳しい助言」を送ることもあった。その真相について、鎌田自身が明かしている。

「厳しい言葉、実際に言われたことはないですね。僕も記事を読みましたけど、冗談というか、そういう感じで言っていると思う。ハセさん(長谷部)にサッカーで強く言われることとか、アドバイスを受けることはあまりなくて、練習でも僕から要求することのほうが多い。3バックの真ん中でハセさんからボールが動くので、受けられない時に無理やりでも通して良いということもあるので。怒られたことはないし、サッカーの話や僕自身の話をすることはあまりないですね。僕はすごくリスペクトしているし、凄いと思う。けど、ポジションやプレースタイルも違う。(長谷部の持っているもので)欲しいのはドイツ語がペラペラで監督との信頼関係を築いている姿。凄いと思う」

 普段は対等に意見をぶつけることが多いという鎌田。長谷部は日本代表でも見せてきた大きな背中で、後輩にたくさんのことを伝えているようだ。

Football ZONE web編集部