リーガ公式が試合中の表情を捉えた1枚の写真を公開

 ビジャレアルの日本代表MF久保建英は、今季リーガ・エスパニョーラ開幕から5試合連続でベンチスタートと思うように出場機会を得られていない。海外メディアでウナイ・エメリ監督の起用法に関する様々な意見が出るなか、リーガ公式インスタグラムが「タレント」と題して1枚の写真を投稿すると、海外ファンから「次代のメッシ」「彼は悪くない!」などの声が上がっている。

 久保は昨夏にスペイン1部レアル・マドリードへ完全移籍し、開幕後にマジョルカへ期限付き移籍した。リーガ初挑戦のシーズンとなったが、特に新型コロナウイルスによる中断明け後はハイパフォーマンスを見せ、レアルやアトレティコ・マドリードなど強豪相手に実力を発揮。35試合4ゴール4アシストの成績を残した。

 スペイン2年目となる今季は、昨季5位の強豪ビジャレアルに期限付き移籍したが、ここまでは熾烈なレギュラー争いのなかで苦戦を強いられている。開幕から5試合連続でベンチスタートとなり、開幕節ウエスカ戦(1-1)では後半32分、第2節エイバル戦(2-1)は後半40分、第3節バルセロナ戦(0-4)は後半29分、第4節アラベス戦(3-1)は後半30分、そして第5節アトレティコ戦でも残り5分での出場となった。

 スペインメディアではエメリ監督の起用法に疑問を呈する報道も出ているなか、リーガ公式インスタグラムは「タレント」と題して凛々しい表情を見せる久保の写真を投稿。現在の久保を取り巻く状況を意識してか、「集中!」と両目の絵文字とともに綴っている。これを受けてコメント欄では海外ファンが反応。「次代のメッシ」「エメリは彼をもっと頻繁にプレーさせるべき」「彼は悪くない! 実際に良い選手だがメディアによって過大評価されている」など、様々な声が寄せられていた。

 現在は日本代表の一員としてオランダ遠征に参加している久保。久しぶりとなる代表の2連戦で、どんなプレーを見せてくれるのか注目が集まる。

Football ZONE web編集部