今季からドイツ1部ビーレフェルトに移籍した堂安律が決断の理由を明かす

 森保一監督率いる日本代表は8日、オランダ・ユトレヒトで行われる国際親善試合カメルーン戦(9日/日本時間午後9時)とコートジボワール戦(13日/日本時間午後11時45分)に向けて、合宿4日目を迎えた。今回は新型コロナウイルスの影響もあり、初めて国内組は招集せず、海外組だけで構成。昨年12月のE-1選手権以来10カ月ぶりの活動となるなかで、主力として森保ジャパンを支えてきたMF堂安律は、今夏PSVからビーレフェルトに移籍した理由を明かした。

 堂安にとって特別な舞台である日本代表。昨年11月はU-22日本代表の合宿に参加していたため、A代表には昨年10月以来1年ぶりの招集となった。森保ジャパンの中軸としてチームを支えてきた22歳は、初めてA代表に招集されてから2年、ここまで国際Aマッチ18試合で3得点。常に上へ上へと高みを目指してきたなかで、この1年では大きな変化があった。

「まずは移籍したことで環境が大きく変わった。そのなかで頭の中の整理があった。純粋にサッカーが上手くなる環境を選ぼうという決断。技術よりもメンタル的なところが変化したと思う」

 昨季はオランダのフローニンゲンから同国の強豪PSVに移籍。だが21試合3得点と、なかなかゴールという結果を残せなかった。迎えた今季はPSVでプレシーズンを過ごすも、9月5日にドイツ1部ビーレフェルトへ電撃移籍。新天地では開幕から3試合連続で先発を飾り、インサイドハーフとして試行錯誤を続けている。新たな挑戦に踏み出した理由を自ら明かした。

「(ビーレフェルトは)試合に出られるから選んだわけではない。PSVからビーレフェルトだと、チームの格はPSVが上だと理解している。ファンからするとPSVで活躍するほうが上と見えるかもしれないけど、違和感を感じながらやっていたので、こっちのほうが近道だと思った。強くなるため、上手くなるために選んだ。PSVではスタメン11分の1になると思ったし、特別な選手になる、大きな成長曲線を得るためには大きな変化が必要だと思って、それには国の変化も必要だと思った」

新天地では再びがむしゃらにゴールを目指す 「自分の気持ちはむき出しに」

 出場機会だけではなく、クラブの特別な選手になるため、新たな修行に出る決意をしたという堂安。そのなかで初めての経験となったのが、オランダ国内ではなく国外のドイツへ移籍したことだ。リーグが変わると、スタイルも大きく違ってくる。

「フローニンゲンで評価されたのは得点力。PSVで(点が)取れなくて序列が下がったと考えると、海外での評価のシンプルさを感じる。(海外では)2回目の移籍だけど、国を変えたのは初めて。その違いが大きいことを感じた。オランダはウイングが張ってポゼッションして、3点取られても4点取りに行く。ドイツは1-0などで堅く勝つ試合が多い。僕はインサイドハーフを今しているけど、守備の仕方はオランダと全く違うと思う」

 守備を求められながらも、必要なのは結果。堂安にとっては「ゴール」という目に見える結果が何よりも自信となる。

「得点力に飢えている自分の気持ちはむき出しにして、それを変える必要はないので、より欲や闘争心を出していきたい。守備のところでも体を張るところ、ミドルで相手に当たって入っても1点は1点なので、そういう貪欲なゴールも狙っていきたい」

 この1年、積み上げてきたことを日本代表の舞台で発揮する――。その時こそ、新たな道に踏み出す決意が正しかったと証明される瞬間になるはずだ。

Football ZONE web編集部