今季からビジャレアルに期限付き移籍も、開幕5試合はすべてベンチスタートに

 日本代表MF久保建英は今季からビジャレアルに期限付き移籍で加入。昨季のマジョルカと同様に新天地で試合経験を積むことになると思われたが、開幕5試合すべてベンチスタートとなっている。この状況を受け、スペインのサッカー専門サイト「Fichajes」は久保の現状を特集している。

 久保は2019年夏にFC東京から名門レアル・マドリードへ完全移籍し、シーズン開幕直後にマジョルカへの1年間のレンタル移籍が決定した。昨季はベンチスタートが続く時期もあったが、第25節ベティス戦(3-3)から13試合連続で先発出場し、チームの中心に。しかし、久保の奮闘も虚しく、マジョルカはリーグ19位で降格となった。

 そして今季開幕前、久保はウナイ・エメリ監督率いるビジャレアルに期限付き移籍。さらなる飛躍と成長が期待されていたものの、開幕5試合はすべてベンチスタートで、プレー時間も第1節からそれぞれ「13分」「5分」「16分」「15分」「5分」とほとんど与えられていない。

 継続的なプレー機会を見込んでビジャレアルに送り出したレアルにとっては、想定外と言える状況。「Fichajes」は「タケフサ・クボ:レアルの新たなローン失敗例」と見出しを打ち、久保の現状について特集した。

 記事では数多くの候補からビジャレアルが選ばれた理由として、「アジアの若いタレントがマジョルカ時代と同様に成長を続けられると考えられたからだ」と指摘。それとは全く異なる現状を受け、次のように伝えている。

「レアルは久保がウナイ・エメリ監督の下で中心的な役割を担うと考え、この指揮官も獲得を希望していたはずだが、実際は想定されていたような出場時間を得られていない。レアルのファンからは不満が噴出している」

「レアルが早期に久保を呼び戻し、新たなローン先を探すという噂も出始めている。来季に向けた(ジネディーヌ・)ジダン監督のプランで重要な役割を担うことは考えづらい。もし良い移籍先に巡り会えていれば、状況はもっとポジティブだったが……。今は物事が悪い方向に進んでしまっているようだ」

 まだシーズンは開幕したばかりとはいえ、出場機会の少ない状況が続くことはレアルとしても避けたいところ。今後の処遇は現地でも注目されることになりそうだ。

Football ZONE web編集部