G大阪がFC東京を1-0で下し、アウェーでは2001年以来の勝利を掴む

 ガンバ大阪が10日、J1リーグ第21節アウェーのFC東京戦で1-0と勝利を掴み、6連勝を飾った。2001年以来勝利がない“鬼門”味スタで19年ぶりに勝利。前半41分にFWアデミウソンがPKを決めて、この1点が決勝点となった。

 先制点を奪ったのはG大阪だった。G大阪は「4-4-2」の布陣で2トップにFWアデミウソンとFWパトリック、2列目右にはFW宇佐美貴史が入った。芝生はかなり水を含み、両者ピッチコンディションに苦しむなか、徐々に攻撃の形を作っていく。迎えた前半39分、FKから左サイドでMF井手口陽介がファーサイドに向かってクロスを上げると、FWアデミウソンがヘディングしたボールを相手MF三田啓貴がペナルティーエリア内でハンド。同40分にPKをアデミウソンが決めて先制点を決めた。

 一方のFC東京も後半立ち上がりから好機を演出。同2分にはMFアルトゥール・シルバが強烈なシュートを放つも惜しくもDFに阻まれ、同12分には三田が直接FKを放つもわずかに枠を捉えられなかった。

 G大阪にとって味スタは鬼門だった。2001年を最後に勝利から遠ざかり、16戦勝ちなし(5分け11敗)。それでも直近5試合は、全て苦手を克服して掴み取った連勝ロードだった。

 第17節北海道コンサドーレ札幌戦が行われた厚別では過去4戦勝ちなしも1-0で初勝利。続くホーム名古屋グランパス戦はパナスタが設立された2016年以降、3試合勝ちなしだったが2-1で白星を掴み、直近2試合で無得点7失点と完敗を重ねていたアウェーのサンフレッチェ広島戦でも2-1。名古屋と同じようにパナスタで勝てなかった鹿島アントラーズにも2-0で勝利し、過去7戦で1分け7敗と相性の悪いアウェーのサガン鳥栖戦でも2-1で下していた。乗りに乗って迎えた最大の“鬼門”だった。

 FC東京は後半怒涛の攻めを見せるも、ゴールが遠く、2連勝が止まってしまった。

Football ZONE web編集部