開幕から5戦連続でベンチスタート「レアルサポーターは実際焦り始めている」

 日本代表MF久保建英は今季ビジャレアルに期限付き移籍したが、開幕から5試合連続でベンチスタートと、思うように出場機会が得られない状況が続いている。現地メディアは「ビジャレアルの久保がレアルにとっては完全に頭痛の種になった」と取り上げている。

 昨季マジョルカに期限付き移籍した久保は、リーグ戦35試合に出場して4ゴール4アシストを記録。降格したチームのなかで孤軍奮闘を示し、着実な成長を遂げた。保有元のレアルはさらなる飛躍を促すべく、スペイン2年目の今季はUEFAヨーロッパリーグ(EL)にも出場する上位クラブのビジャレアルにレンタルさせた。

 しかし、久保の獲得を直接クラブにリクエストしたはずのウナイ・エメリ監督は開幕から5試合連続で久保をベンチスタートとしている。開幕節ウエスカ戦(1-1)は後半32分、第2節エイバル戦(2-1)は後半40分、第3節バルセロナ戦(0-4)は後半29分、第4節アラベス戦(3-1)は後半30分、第5節アトレティコ・マドリード戦(0-0)は後半40分からの出場にとどまっていた。

 クラブでの先発出場がない影響もあってか、日本代表として迎えた9日の国際親善試合カメルーン戦(0-0)でもベンチスタートとなり、後半20分からの途中出場だった。スペインメディア「エル・デスマルケ」は「タケフサ・クボはどうなる?」と見出しを打ち、「レアルサポーターは実際、待遇に焦り始めている」と説明している。

 また、スペイン紙「Diario Que」は「ビジャレアルのクボがレアルにとっては完全に頭痛の種になった」と大々的に取り上げ、エメリ監督が久保の起用に消極的な姿勢を見せていることについて「非常に奇妙な状況」と指摘している。

 途中からピッチに立てば確かな印象を残しているだけに、エメリ監督が頑なに久保を起用しない現状に現地メディアも困惑している様子だった。

Football ZONE web編集部